子育て世代の夫婦の望みは「2人きりで食事に行きたい!」だって?!それなら叶えてあげましょう

熱烈な恋愛を経てめでたく結婚し、かわいい子どもにも恵まれ、絵に描いたような幸せな結婚生活を送っているご夫婦でも、特に子どもが小さければ、夫婦二人きりの時間はなかなか創り出せないだろう。気軽に預けられる祖父母がいればまだしも、ご夫婦二人きりでディナーに出かける機会なんて、激減してしまったはず...。

そんな中、「11/22の”いい夫婦の日”をきっかけに、ご夫婦二人だけのディナーを楽しんでみてはいかが?」という興味深い応援企画を発見!この企画を打ち立てたのは、ベビーシッターマッチングサービスを展開する企業の「キッズライン」。今回はキッズラインサービス未利用の方限定でスペシャル体験クーポンを発行するという。早速、詳細をチェックしてみよう。

小さな子どもがいると、どうしても子ども中心の生活になりがち... 子どもを介さない夫婦だけのコミュニケーションは充分ですか?

「いい夫婦の日」を間近にひかえ、子どもがいる夫婦を対象にした”夫婦関係にまつわるアンケート”を実施。結果を見てみると、現代日本の興味深い夫婦の実態が、明らかになった。
例えば、「ほとんどの夫婦は、二人でごはんを食べたいと思いながら、実際は食べていない」等、ちょっぴり淋しい現実も浮かび上がってきている。

記念日の理想の過ごし方は、「夫婦ふたりで食事をしたい」が8割!

Q:「夫婦の記念日、理想の過ごし方は?」

圧倒的な割合で1位となった回答が、「夫婦で食事に行きたい」という過ごし方。その割合、なんと約80%!

その他には、「夫婦で旅行したい」(32.5%)が、「家族で過ごしたい」(31.2%)をわずかながら上回るという結果に。実施できているかは別として、夫婦の記念日は夫婦二人だけで過ごしたいという意識が高いことが判明した。

でも現実は…

Q:「普段から、夫婦2人だけで外食に出かけることはありますか?」

「記念日や特別な日だけでなく、普段から夫婦二人で外食に出かけるか?」という問いに対し、「週1回以上」の回答は、わずか1.3%。
「月に2〜3回程度」でも1.9%。「月1回程度まで」を合計して、やっと14%という結果に。

また最も多い回答が「夫婦のみでは外食しない」で47.1%、ついで「年に数回程度」が21%。残念ながら現実は、“夫婦ふたりっきり”で食事に出かける機会が、極端に少ないことがわかった。

さらに、夫婦2人だけで過ごす時間は、1日30分未満が約半数!!

Q:「夫婦だけで過ごす時間はどれくらいありますか?」

夫婦が2人だけで過ごす時間についても聞いてみたところ、なんと、最も多かったのが「1日30分以内」で46.2%。

それも「週末のみ」という人は、全体の12.6%を占めていた。子どもを持つ夫婦が、夫婦だけの時間を確保するのが難しい現実が浮かび上がる結果になった。

夫婦の時間を大切にするというアメリカでは、どうしているの?

夫婦の時間をとても大切にするアメリカでは、「Parents Night Out」や「ベビーシッター」を日常的に利用して、時間のねん出をしている。

「Parents Night Out」とは、公民館やプリスクールが主催で、18時頃から子どもをパジャマ姿で預かってくれるサービス。両親は、夫婦の時間をゆっくり楽しみ、23時頃お迎えにきた時には、子どもはもう夢の中というサービスで、非常に人気が高い。

また「ベビーシッター」も気軽に利用する社会。アメリカの夫婦は、これらのサービスを利用して、一時だけでもパパとママである関係から、愛し合う男女として、食事をしたりデートを楽しむことがごく当たり前になされているのだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ