本日恵比寿ガーデンプレイスに登場!窓外に絶景を望みつつ食す”モダン和食”はいかが?

イタリアンもフレンチも大好き。でも、なんだかんだ言って恋しくなるのが和食。そう、和食とはそういうものなのだ。

本日、恵比寿ガーデンプレイスの38階が、和食専門店フロアとして、リニューアル・オープンする。江戸前寿司に焼鳥、この時期食べたいアツアツおでんなど、モダンに和食が愉しめる名店が並んでいる。

早速、詳しい情報をチェックしていこう。

恵比寿を一望できるスカイラウンジ

大幅リニューアル、DINING&SKY「TOP OF YEBISU」

2014年の10月で開業20周年を迎えた恵比寿ガーデンプレイス。
そこから、ゾーン毎にリニューアルが行われているが、今年から来年にかけては、38、39階の恵比寿ガーデンプレイスタワー展望レストラン街をリニューアル。DINING&SKY「TOP OF YEBISU」として生まれ変わる。

コンセプトは「Grand&Casual~本物を気軽に愉しむ贅沢」。成熟した大人をメインターゲットに、洗練された食と高層階ならではの景色を提供する。

『華 千房』の千房焼

和尽くし!モダン和食店がズラリ

先行リニューアル・オープンする38階は、こだわり食材を使った和食・日本食を中心に、お箸で味わう料理が登場。モダンで気軽に愉しめるゾーンとなっている。

和食と言っても、幅は広い。
落ち着いた会食にぴったりの個室を揃えた、鉄板焼き『華 千房』、焼鳥とワインの店『鳥幸』、おでんと季節素材の料理をゆっくりと楽しめる『こんぶや』など、和の名店がズラリ。さまざまな工夫施し、和の魅力を伝えてくれる。

『蕎麦と魚 銀平』のお造り盛り合わせ

「和食」の魅力

ユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、近年、注目が高まる「和食」。
4年後の東京オリンピックの開催もあり、改めて「和」について考える機会も多くなっただろう。

恵比寿ガーデンプレイスらしい、伝統を守りつつもモダンな和食を堪能して欲しい。

吸い込まれそうなレインボーブリッジ方面の景色

『TOP OF YEBISU』からの眺望

今回38階には、展望スペース 「SKY LOUNGE」を新設。六本木方面、スカイツリー、東京タワー、レインボーブリッジまでの景色を楽しめる。
ちなみに、39階フロアは、2017年夏頃にリニューアル予定。世界中のトレンドやさらに先端をいく飲食店が並ぶとのこと。

恵比寿ガーデンプレイスから、目が離せない。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ