え、この質で1万円以内!?デートで株が上がるコスパ最強のコース5選

パスタ打ちの風景はカウンターだけでなく、店前の通りからもガラス越しに眺められる

下町風情の残る街でイタリアンを楽しむ不思議な魅力『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』

千駄木

海外の観光客も多数訪れる人気の「谷根千」エリアに、今年5月にオープンした同店。店主がイタリア修業時代に培ったノウハウは「イタリアで食べたパスタを、そのままの味で」という思いをこめたメニューに反映されている。

自家製パスタは卵入りや具入りなど常時8~9種。旬の食材によってメニューも随時変わるため、彼女と訪れたその時こそが、そのメニューとの一期一会。カウンターのみの店内でそんなコースを堪能したら、ふたりは親密になるしかない。「前菜+パスタ+自家製パンのディナー&ドルチェのコース」 ¥3,400

レバー、砂肝、もも肉の旨みを閉じ込め、胸肉で巻いたガランティーナはアラカルトでも人気の一品

コンポートの甘味と香りを、ヘーゼルナッツの香味が絶妙に引き立てる

自家製パンはパスタに合わせて常時5種類ほど用意

コシのあるツルンとした食感が楽しいトルテッリ。色どりも鮮やかだ

※こちらの店舗は、現在閉店しております。

揚げたてのメニューが次々と提供されるのも、カウンター席の魅力だ

目の前で揚がる天ぷらを楽しむ、カウンター席の醍醐味『博多天ぷら たかお 南青山店』

表参道

通りから奥まった場所にある同店は、まさに隠れ家。広いカウンター席を設けた天ぷら店となると予算が気になるところだが、一番高額なコース「おまかせ天麩羅10品(小鉢2品)」でも¥4,000とその心配は無用。

また「和モダン」を基調とした店内は、デートや女子会などにも使いやすい、気軽な雰囲気だ。天ぷらに合う白ワインやスパークリングワインの用意もあり、女性をエスコートするおしゃれ要素も満載。こういう店を知っておいてこそ、男性の価値も上がろうというものだ。

明太子を挟んだレンコンや、島豚など変わりネタに他に、天ぷらの定番、えび、穴子を始めとした魚介は四種。野菜は白おくらやなど旬のものが三種盛られる

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo