渋谷でうにグルメ!2種のうにが食べ比べできる絶品パスタ

オーナー自らが買い付けるうにを使用する「生ウニのパスタ」のこだわりとは

そんな人気メニュー「生ウニのパスタ」は常連客の「おいしいうにのパスタを食べたい」という一言がきっかけで始まったと言う。

当初は築地でなかなか納得のいくうにが手に入らなかったものの、通い詰めることでうに業者と顔見知りになり、今では高級寿司屋で時価で販売しているうにと同等のモノを仕入れることが可能になったのである。

平打ち生パスタのタリアテッレと濃厚うにソースとの絡みはばっちり!

お皿に残ったこの濃厚うにソースをパンにのせて召し上がれ

パスタに平打ちのタリアテッレを採用することで濃厚なうにソースがしっかりとパスタに絡み、余すことなくうにを感じることができるのである。

まさにオーナー自らが素材の買い付けから調理までこだわり抜いた贅沢絶品うにパスタがここではいただけるのだ。

火入れ、サイズ感ともにこだわり抜いた牛カツ(和牛のコトレッタ)¥3,200(税抜)

生ウニのパスタ以外にもオススメ品はまだまだある!「牛カツ」と「イタリアンポテトサラダ」

生ウニのパスタ以外にぜひいただきたいのが「牛カツ(和牛コトレッタ)」だ。

A5/A4の熟成和牛の牝牛のみを使用したウワミスジの牛カツは見事な火入れによるうっとりするようなワインカラーとなっている。この抜群の火入れとあわせてこだわっているのが、カツのサイズ感である。

チーズの入ったサクサクの衣と肉厚しっとりなウワミスジとの絶妙なハーモニーがたまらない!

食べ応え抜群の自家製グアンチャーレのポテトサラダ¥500(税抜)は乾杯ビールにぴったりの一品

しっとりとやわらかな牛カツは噛めば噛むほどに旨味が溢れだし、肉厚なのも相まって、おいしさと食べ応えともに抜群の一品となっている。一度口にしたら病み付きになること必至だ。

また、イタリアンポテトサラダ「自家製グアンチャーレのポテトサラダ」もオススメしよう。豚のほほ肉を塩漬けしたグアンチャーレを合わせた同メニューはじゃがいものゴロゴロ感とグアンチャーレのザクザク食感が楽しむことができる。乾杯ビールのお供に注文したい一品だ。

ランチタイム、カフェタイム、ディナータイムで様々な顔を持つハイブリッドなカフェ&ダイニング『Banks cafe & dining』

カウンター席はスタッフさんとも話しやすいオープンキッチンとなっている

エンタメ性抜群!食も空間も楽しむことができる『Banks cafe & dining』

ランチタイムにはステーキやパスタ、カフェタイムにはパンケーキやハーブティー、ディナータイムには熟成肉やシーフードと様々な顔をあわせもつ同店は料理だけでなく、空間も楽しむことができる店舗となっている。

DJの顔も持つオーナー自らが選定した店内ミュージックはランチタイムからカフェタイムにはゆったりとした時間の流れに身を任せられる心地よい音楽。ディナータイムには気にせず会話ができるようなクロスオーバースタイルを採用している。

味わいはもちろん、空間も一緒に楽しむことができる『Banks cafe & dining』。お一人様でもカップルでも仲間同士でも、一度訪れたら虜になること間違いなしだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo