東京ルールブック Vol.2

東京ルールブック:26歳。男は「渋谷」、女は「年上男性」は卒業。貯蓄よりも経験値を上げることにフォーカスせよ!

女として最も持てはやされる26歳。若さと知恵で市場を制覇せよ


女性は、26歳と言う年齢を最大限に活用すべきである。社会人も4年目になり、酸いも甘いも噛み分けてきた。東京でのコネクションも広がり、結婚に向けての準備運動を開始する友達もいる。

銀座の高級レストラン『ロオジエ』『ベージュ・アランデュカス・東京』、西麻布の隠れ家バーに連れて行ってくれる年上のおじ様達との“先が無い恋愛”はこの歳までに終わらせておくこと。散々良い思いをさせてくれたその方々に感謝の意を示しつつ、これ以上長引かせないことが大事なルールとなる。

その他、あまりにも良い思いばかりしていると、目が肥えすぎて30歳になった時に結婚できなくなる可能性が非常に高まる。他力本願ではなく、自力で実力を身につけておくこと。その大切さに気が付き、26歳までの経験を上手に活かせる女性が上へ行ける法則になっている。

そして東京市場は意外に厳しいと知っておこう。今は良くても、4年後・30歳になった瞬間に一気に風当たりは強くなる。そんな向かい風に打たれる前に、今の追い風を味方につけて日々コネクション作りに勤しんだ人がゲームを制する。


まだまだ未熟な26歳男性。貯金より、経験に投資せよ


26歳の男性は若干年収が増えたものの、未だ理想額にはほど遠く、上の人達の優雅な生活に憧れを抱くしかない。しかしその憧れを胸の内に秘め、日々上を目指して邁進した人が将来大きく伸びる。

渋谷はもう卒業しよう。青山と表参道に入り浸り、女性陣が喜ぶようなお店をとことん調べて、マスターするのだ。良いレストラン・バーを知っている人は仕事でもプライベートでも需要が高い。

そして社会人4年目・26歳になったにも関わらず、少年の心のままの人も多い。自分の趣味に没頭する時間が大切ならば、それは構わない 。しかし、スマートに女性をエスコートする手法は26歳までに身につけておこう。

この記事へのコメント

Pencilコメントする

コメントはまだありません。

【東京ルールブック】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo