都内最強の品ぞろえ!?代々木のホルモン専門店がアツい

この豊富な品ぞろえは、オーナー・阿部 亮氏のホルモンへの探究心があってこそ。店が順調に育った現在でも、より良い素材を求めて生産者の元を自ら訪ねる。故に、提供の仕方も「部位ごとに異なる味や食感をより楽しんでもらえるように」と、切り方や味付けを細やかに工夫する。

食べたら絶対ハマる、マニアック部位も続々紹介!

この一皿で一頭分!の希少部位「ヤン」。第二胃・ハチノスと第三胃・センマイの接続部の肉厚な部分。混在するゼラチン質や肉っぽさを一切れで楽しめるように、そぎ切りにする

歯応えありつつ牛よりもあっさり「タン元」。『まんてん』では「大貫」と呼ばれる重量の多い種豚のものを使用しているため、タンのサイズも大きい。故に、通常は入れない切り込みを入れる

1頭から500g程度しか取れない!「Pトロ」。豚の短い首の部分からわずかしか取れない希少部位。鳥で言うなら「セセリ」のような味わいで脂も乗っているが、筋切りが必須

豚モツといえばコレ、な部位「ガツ芯」。「ガツ芯」は、ガツの中でも食道に近い部分で柔らかさが増すが、切り込みは必要、焼いた時に花開いたようになることを意識して切る

噛みしめるほどに漲る旨み「テッポウ」。豚の直腸で、とろりとした肉質が魅力。それが感じられるようにあらかじめボイルし、焼いた際の縮みも計算して大きめにカット

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo