狙いは有名焼肉店の暖簾分け!間違いない美味しさにありつける新店4

安心のブランドである都内屈指の人気店も、肉ブーム最高潮の今年、アグレッシブに新店をオープン。店舗数が増えたことで極上肉にありつけるチャンスが広がった。これは、ますます焼肉の頻度が上がりそうだ。

本日の塊焼き(160g)¥2,200。写真はあか牛の肩三角。部位、銘柄の食べ比べができる赤身3種盛り¥3,000や、ゆっくり肉を堪能したいときはおまかせコース¥4,980もおすすめ

赤身ブームのパイオニアが広々空間を提案『かるびあ〜の』

池袋

世間が赤身肉ブームに沸く前から、岩手の短角牛や熊本のあか牛など、噛むほどに濃厚な旨みを感じる赤身の肉をメインにあつかってきた『かるびあ~の』。新橋、蒲田に続く3店舗目は、10人からの貸し切りも可能な2階席を設け、肉を味わいながら“ゆる飲み”できる雰囲気に。

デートなら1階のカウンターで仲良く肉を焼くもよし。平日は朝4時まで営業とくれば、モ~、長居は決定!?

濃厚で力強い旨みは赤身ならでは! お好みでチリマスタードやわさびをつけて

塊肉を炭火で焼き上げた後、じっくりと休ませ、香ばしくジューシーに仕上げる

3人以上なら2階席のテーブルで楽しめる。人気テーブルゆえ、事前予約はマストだ

炙りロースはさっと焼きながらワサビ大根を巻いて食べる

上質なホルモンはそのままに赤身肉も新提案『かぶん』

赤坂

オーナー自ら食肉市場で吟味する、新鮮かつ上質なホルモンと趣向を凝らしたサイドメニューで圧倒的な人気を誇る『かぶん』。その2号店が8月1日にオープンした。

黒を基調としたシックな店内は、気軽な接待にも使える落ち着いた趣。しかも、新たに正肉も充実。これまでのカイノミや炙りロースに加えてランプとイチボなど赤身肉もメニューに加わり、更にパワーアップした姿を披露してくれた。

手前から人気の赤身肉の炙りロース ¥1,980、ニンニクバターで食べる定番、極カイノミ¥1,680、サクッとした歯応えが小気味良い ガツ¥700

ふわふわの卵が乗った天津丼のようなキムチチャーハンはトントロ入り。¥1,280(大)

炭火をイメージさせるライトが象徴的な店内。換気設備が整っているので服に匂いがつきにくい

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ