グルメな人は中央線に集まっている!! アジア料理から焼肉まで旨い店10選

「貝と海藻のサラダ仕立て」、北フランスロワールの白「ヴーヴレ」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

“キュイジーヌナチュレル”とセラーに眠る2万のワインを共に『メゾン ド ミナミ』

四ツ谷/フランス料理

かつて花街として栄えた四谷三丁目エリア、大人の街の名残を感じる地にある『メゾン・ド・ミナミ』。1986年当時、最年少でシュヴァリエ・デュ・タストヴァン叙任、2015年にはシャンパーニュ騎士団の騎士を叙任したオーナーの「ワインは、食事と一緒に楽しんでもらいたい」という願いが込められた店だ。

“キュイジーヌナチュレル”を掲げる料理は、四季折々の食材を採り入れシンプルに調理。日本料理と同様に、旬替わり、季節替わりのメニューを味わえるのが特徴だ。

「八甲田短角牛フィレ肉の炭火焼」、ブルゴーニュの「ラ・ターシュ」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

「その時、召し上がっていただきたいおすすめ料理を組み合わせてコースに仕立てています」とマネージャー兼シェフソムリエの近藤将氏。季節のコースは8,500円だが前菜中心の軽めのものも用意されているので、シェフに身を委ねてコースをいただくのがスマートな選択。

ワインは、リストには収まりきらない2万本ものストックを擁する。1本のワインとじっくり付き合うもよし、3種のグラスワインが味わえるペアリング(4,000円~)で料理との相性を確かめるのもよい。

他店では到底オーダーできないような銘醸ワインもグラスで楽しめるので、ハレの日や話題作りがしたい夜にはソムリエに相談を。

「ホワイトアスパラガス パルマ産生ハム ゴルゴンゾーラのムース」。南フランスコートデュローヌの「コンドリュー」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

貴重な種類のワインも取り揃えている

カラーグラスを差し色にしたシックなメインダイニング。奥に半個室もある

白塗りの壁と木のぬくもりが印象的なオープンテラスは広々として気持ちが良い。約20席、貸切も可

太陽の下で、夜空の下で味わう。季節感満載の料理は格別の味『トラットリア エルモ チェーロ』

荻窪/イタリア料理

夏の風物詩、ビアガーデンを楽しむならこちらのイタリアンへ。2013年のオープンから、わずか2年ほどですっかり地元の人に愛されるようになった人気店だ。

この夏、6月1日から9月中旬まで特別に「ビアテラスプラン」と銘打ったコース2種を用意。おすすめは、メインの肉料理に加えて、前菜7種、ピッツァ、パスタの中から1種を選べる4,000円のコース(2時間半)。

野菜のピクルスやスモークサーモン、パテ・ド・カンパーニュなど、酒好きにはたまらない7種の前菜(手前)

肉料理は「国産鶏香草グリル」もしくは「国産天草豚グリル」を選ぶことができ、彩り鮮やかで目にも美味しい前菜は酒肴にうってつけのひと皿だ。しっかり食事を楽しみたい人は、注文を受けてから一枚一枚職人が石釜で焼き上げるナポリピッツァや、新鮮な魚介や産地直送の有機野菜をふんだんに使ったパスタをどうぞ。

旬の食材を最大限に生かした、シェフの創意工夫溢れる料理は季節ごとに驚きと感動を与えてくれる。全てのプランに飲み放題が付き、テラスの一角にあるバーカウンターにズラリと並ぶ酒を自由に楽しむスタイルが嬉しい。

光が差し込む開放的なオープンテラスで、心地よい風を感じながら美酒片手にいただく料理はひと味もふた味も違うだろう。

前菜7種とオマール海老まるごと一尾に飲み放題が付いたコース5,000円も

テラスのバーカウンター。香り豊かな樽詰めスパークリングワインやビール、自家製サングリアなど、多種多様な酒が揃う

内観

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo