勝てる手土産 Vol.10

勝てる手土産:胃袋を鷲掴み!ビジネスの契約につながる好感度MAX手土産3選

ビジネス手土産で重要なのはTPOを考えるという基本事項だ。相手の状況を思いやる心遣いがあれば、手土産がビジネスの味方に早変わりする。

時に打ち合わせによってお昼ご飯を食べる暇もない方もいるだろう。時間帯別手土産は相手のその日のスケジュールを想像してお渡しするのが大切。今回は、心と胃袋を鷲掴みにして契約につながる手土産を紹介しよう。

頑張りどころの残業の差し入れに『宇田川』の「カツサンド」(4切れ入り 1700円・税込)

明日は、勝つぞ! ここぞの大変な時、気合が入る縁起手土産を

イベントやリリース、コンペなどの前には現場担当者のスタッフが徹夜しなければならないシーンも多々ある。

そんなとき、スタッフ周りの食事は後回しになりがち。そこに手土産を差し入れれば、良いリフレッシュとなり、現場のモチベーションがあがるというものだ。

老舗のとんかつ屋さんの名物『宇田川』の「カツサンド」をご存知だろうか? ボリューム満点、がっつり系の一品だ。

分厚いとんかつは見ただけでテンションがあがる。プレスされたパンとキャベツとのマッチングは最高の一言。しっかりお腹に入れてもらい仕事に気合を注入したい。

「かつサンドで明日は、勝つぞ!」と笑顔でお渡ししよう。元気になってもらいたいと想いを込め、届けたい。

ボリューム満点! センスがいいベイクアイテムが豊富な『自由が丘ベイクショップ』の「ペストリー&パン」(左から、エッグメルト400円、アップルターンノーヴァー330円、M&Mクッキー230円・税込)

ボリューム満点!ランチで話題になるおしゃれなペストリー&パン

昼の12時、オフィスでお腹が鳴りはじめ、集中力が切れるのもこの時間。

オフィスに出向いてのランチミーティングは距離感が近いため、コミュニケーションが深まるという利点も。

このランチミーティングの際の手土産で大切なのは相手に手間をかけさせない気遣い。カジュアルに手で持って食べるものを選ぶのがベストだ。

『自由が丘ベイクショップ』なら、ブルックリンをイメージしたミートパイやエッグメルト、アメリカンな焼き菓子などとにかくおしゃれなベイクアイテムが豊富。どれもボリュームがあり、満足度が高い。包み紙を広げれば、ランチョンマット風に。オフィスデスクも華やかになること間違いない。

ランチタイムは相手にとって休息の時間。貴重な時間だということを忘れずに、少しでも有意義になるように心がけることが、できるビジネスマンのお作法だ。

【勝てる手土産】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ