今週の激辛! Vol.18

最速実食ルポ!本日東京進出の味仙の激辛ラーメンを食べてきた!

激辛マニアが待望の最新ニュース! 激辛で有名な、名古屋発祥の元祖台湾ラーメン『郭 政良 味仙(カク マサヨシ ミセン)』が本日8/2に東京に初進出したのだ!

今日のオープン日に合わせ、どこよりも早く店舗で実食してきた!この暑い中、激辛ラーメンとビールなんて最高じゃないか。これを読んだら、すぐにでも行きたくなるホットな情報をお届けしよう!

神田駅からすぐの好立地!黄色い看板が目印!

激辛マニアよ、これが『郭 政良 味仙 東京神田店』だ!

名古屋の激辛激ウマなご当地ラーメンといえば、「台湾ラーメン」! その元祖台湾ラーメンを提供する『郭 政良 味仙 東京神田店』が今日からオープンした。

「あの脳天をつくほどの激辛ラーメンを東京でも食べたい!」と懇願していた味仙ファンよ、とうとうその日が来た。本日8/2、東京と秋葉原の中間地点であり、ラーメン激戦区でもある神田駅からすぐの場所に待望のオープンを果たしたのだ!

台湾ラーメン¥800

脳天をつく辛みと旨み!まずは基本の「台湾ラーメン」から実食!

看板商品は、もちろん「台湾ラーメン」! 「台湾ラーメン」とは、麺の上に秘伝の台湾ミンチ、青ネギ、ニラが乗っているのが特徴。ゴロっとしたニンニクで風味を、輪切りの唐辛子で辛味を主張させている。

底には鶏ガラに秘伝の醤油を加えたスープが入っており、よく具と麺と一緒に絡めることがポイント。口に入れるとまず旨み!そしてそのあとから唐辛子の辛さが追いかけてくる。口に運ぶたびに旨み・辛みが交互にピークを迎え、箸が止まらないほど癖になる美味しさなのだ!

そもそも「台湾ラーメン」とは、台湾にはないオリジナルメニュー。台湾出身の店主が、本国の担仔麺をベースに辛くアレンジした。もとは常連さんの間で好評だったこの麺が、1980年代の激辛ブームを追い風に、一気にブレイクしたもの。それがとうとう東京で食べられる日が来るなんて!

台湾ラーメン(塩)¥800

こちらは旨みが強い!「台湾ラーメン(塩)」も食べ比べてみて!

せっかく来たならこちらも味わってほしいのが「台湾ラーメン」の塩味。こちらは台湾ラーメンのなかでも、『郭 政良 味仙』だけのオリジナルメニューで人気がある逸品。「台湾ラーメン」と具は同じで、スープが醤油ベースではなく塩とバターが入っているのが違いだ。

ニンニクとバターの香りが相まって、辛さを優しくコーティングしている。旨みが強く感じられて、こちらは麺を食べた後につい白ご飯を投入したくなる味だ。

完食するころには湯上り状態の汗が…。でも、それがとても気持ちいい!お腹も心も大満足できる名店だ。

【今週の激辛!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ