グリードの向こう側 Vol.3

グリードの向こう側:女の欲望、玉の輿。夢を叶えた先に見えた価値観とは...?

"Greed is good"(強欲は善だ)という言葉がある。

「ウォール街」という有名映画の中で使われ、金融業界を中心に資本主義を象徴し、多くの人々に色々な意味で刺激を与えたセリフである。

しかし、実際に映画の主役であるゴードン・ゲッコーは、欲(=金)を追求し続けた代償として、インサイダー取引の容疑者として逮捕されるという結末に終わる。

にも関わらず、この映画は何故多くの共感を呼んだのか?

グリードの魅力、そして、そのグリードの先に見えるものとは、実際にどのような世界なのだろうか?

前回:遊び人外銀マンがイクメンに変身。綺麗事ではない、そのセオリーとは?


“Noblesse Oblige”(ノブレス・オブリージュ)
特権には、それに見合う義務が伴う



「小さな頃から、お姫様になりたいと思っていました。夢だったんです。ディズニー映画のプリンセスなんかが大好きで、いつも食い入るように映画を観てました。」

そう恥ずかし......


【グリードの向こう側】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo