東京結婚式明細 Vol.13

東京結婚式明細:独身女の心が崩壊?結婚式で配慮すべき最重要事項

理想的な結婚を適齢期にした沙織、32歳。

誠実で、外見も稼ぎも良い夫と安定した結婚生活を送り、3年になる。

今回は、離婚と再婚を繰り返す友人の結婚式に出席する。そこで目の当たりにした光景とは?

前回 vol.12:金しか取柄のない外銀マンを夫に選んだ女。その理由はまさかの…?


勝ち組CAの女友達の結婚式出席に悩む理由


今回の結婚式ばかりは、出席しようか相当悩んだ。というのも、理香は結婚式を挙げるのが3回目なのだ。

2度ならまだ分かる。しかし3度目にして、またしてもそれなりの規模で結婚式と披露宴を開催するというのは、いささか理解に苦しむ。

理香はCAをしている。近年東京恋愛市場でCAの市場価値は下がったなどと言われているが、その上位数パーセントに位置する女たちは相変わらず勝ち組のようだ。

彼女が何より人目を惹くのは、真珠のように艶やかで真っ白い肌だ。さらに長身であるにも関わらず、骨格が細く華奢な身体つきをしている。顔は取り立てて派手ではないが、高度なメイク技術と上品な仕草、そして高く柔らかい声色は昔から多くの男たちを魅了していた。

加えて、理香は少し天然、というか若干頭の弱い女だ。そんなところも男たちの好むところなのだと思う。今回の結婚式にしても、満面の笑みを浮かべて某外資系ホテルで結婚式を挙げることになったと報告されたのだ。

「あのホテルは新しいから、結婚式に参加したことがある人もまだ少ないでしょう。お料理も一番グレードの高いのを選んだのよ。みんな楽しみにしていてね。」

このタイプの女は、3度目の結婚式にまさか周囲の者たちがウンザリしているなどという発想がない。「結婚式=誰もが手を挙げて出席したいもの」と信じているのだ。裏を返せば、素直で性格の良い女なのである。

理香との付き合いは長く、未だに定期的に開催される女子会のコアメンバーだ。招待されてしまえば、よっぽどの理由がない限り断るのは憚られる。

「あんたはまだヒマだからいいじゃない。私は週に二日しかない貴重な休みを潰されるんだからね。」

朋子は相変わらず憎まれ口を叩いたが、結局私たちは揃って出席することになった。何だかんだ言いながら、女たちは義理堅いのだ。

【東京結婚式明細】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ