村上春樹好きな男 Vol.4

村上春樹好きな男:「ハルキスト」を愛してしまった女の、美学に基づく馬鹿みたいな選択。

「村上春樹」の作品は好きだろうか?

彼の作品に登場する男たちは、飄々としながらBARではピナ・コラーダを飲み、自宅のキッチンでは読者の食欲をそそるスパゲッティを作ってしまうほど、料理が上手い(と思われる)。そして決まって、何もせずとも女が寄ってくる。

そんな村上春樹作品を好む男たちが少なからず東京には存在し、そんな「村上春樹好きな男」が好きだという女たちも少なからず存在する。あるいは、「気になってしまう」と表現した方が、正しいかもしれない。

前回までの桃子から、「村上春樹が好きな男」にやたらと遭遇する芽美が引き継ぎ、ハルキストの生態を観察していく。


今週の村上春樹好きな男


名前:亮
年齢:31歳
職業:外資系ファンド勤務
出身:東京
学歴:東大
住まい:神谷町
交際ステータス:独身彼女なし
好きな村上春樹作品:「羊をめぐる冒険」
村上春樹の次に好きな作家:スコット・フィッツジェラルド


たまたま旅行で訪れたシンガポールのカジノ。亮とは、たまたま座ったブラックジャックのテーブルで隣り合わせになった。

ゲームをとても器用に進めていく彼の様子は、初めから私の目に魅力的に映った。カードを見つめる思慮深い眼差し、チップのコインを弄ぶ、男性にしては長く美しい指先。彼は明らかにブラックジャックというゲームを熟知しており、そのセオリーを確かめるような冷静なプレイをしていた。

亮のプレイを見れば、最初からかなり頭がキレるだろうことは明らかだったが、同時に彼には紳士な印象も持った。ゲーム熟練者だからと言って、その場の空気を独占してしまうことはしない謙虚さが彼には備わっていたのだ。

一方で初心者である私は、単なる遊びとして運に任せてゲームをしばらく続けていた。

「リズミカルなゲームの仕方をするんですね。」

チップが半分ほどに減り、そろそろホテルの部屋に引き上げようかと思っていたところで、突然声をかけられた。彼が日本人であることはほぼ確信していたが、急に話しかけられたので驚いてしまった。もちろん、私のブラックジャックがリズミカルかどうかは、よく分からない。

彼を見やると、とても慎み深い表情をしていた。上品な高い鼻と、色素が薄い、透き通るような瞳。唇はキュッと結ばれているが、口角は少し上がっている。とてもハンサムな顔立ちだ。

でもそんな顔立ちよりも、彼を取り巻く物静かで落ち着いた独特の空気感に、ついうっとりとしてしまった。恋に落ちるときは、だいたい最初から直感が働く。

しかし、「リズミカル」という謎めいた表現の仕方には、ある予感を感じずにはいられなかった。

【村上春樹好きな男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ