餃子×ビールでデートが本当は嬉しい! お洒落に餃子を楽しめる店4選

餃子×ビール。この唯一無二の鉄板コンビに、新しい波が来ていることをご存じだろうか? 餃子のお供に日本酒、バリ風チリソースで食べる餃子……など、ちょっと小粋に餃子を楽しめる4店をご紹介します!

青しそ(4ケ・¥540)。キャベツと白菜のザクザクした食感、青しそのさわやかな香りがクセになる

餃子×クラフトビールの最旬マリアージュ! 『WASH1N TOKYO』

10年前のオープン時から、日本のクラフトビールに特化した餃子専門店として独自のスタイルを貫いてきた『WASH1N TOKYO』(ワシントウキョウ)。扱うビールは、国産の季節限定アイテムが主体。

主役である餃子は、具材がゴロゴロと粗めに切られ、ひと噛みするごとに小気味よい食感が楽しめるのが特徴だ。定番の焼き餃子に加えて、塩でさっぱりと頂く餃子、揚げ餃子など種類が豊富なのもうれしい。

雷電ヴァイツェン(USパイント 473ml・¥920) フルーティな香りと爽やかな飲み口が魅力

女性でも入りやすい、カフェのようなおしゃれな内装

SHACK餃子(3P・¥390)。肉肉しい餡と厚めの皮がマッチ。日本酒に合わせるなら、さっぱりと酢醤油でいただくのがおすすめ! 焼きと揚げから選ぶことができる

今宵の餃子のお供はWine or Sake? 『GYOZA SHACK』

無化調、厚皮、粗挽き、手包みにこだわった餃子は、ベーシックなSHACK餃子をはじめ、ラムクミン、チキンとゴルゴンゾーラなど多彩な顔ぶれ。

最近は「餃子にワイン」を合わせる店は少なくないが『GYOZA SHACK』(ギョウザシャック)では、ワインのほかに日本酒との組み合わせも提案。利き酒師の資格を持つマネージャーのイチオシの日本酒は 『限定流通 楯野川』!  ふくよかな純米大吟醸と個性派餃子の織りなすハーモニーにとことん酔いしれよう。

餃子に合わせたこだわりのタレで頂こう

限定流通 楯野川(¥900)は餃子の濃厚な旨みにも負けない、たおやかな味わいの純米大吟醸

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ