この牛タン旨すぎ! 味は特上、値段は格安な焼肉の新店はココだ!

渋谷区神泉に本店を構える焼き肉の名店『永秀』が2016年5月に2号店となる三軒茶屋店をオープン!

肉質、コスパも言うことなしだが、『永秀』の魅力はそれだけではない! 一度訪れれば『永秀』クオリティに感服すること間違いなしだ。

今回は『永秀 三軒茶屋店』店長・今井氏にこだわりとホルモンの焼き方のコツを教えていただいた。

柔らかくジューシーな極上の「牛タン塩」(¥1300)

肉厚なのに柔らかジューシー!極上の「牛タン塩」は必食

『永秀 三軒茶屋店』の名物は「牛タン塩」だ。タンの中心部分の柔らかく、風味のよい部位のみを提供。焼き上がったタンを頬張ると、その柔らかさに驚愕するだろう。

「仕入れるタンは1.5㎏ほどですが、最も柔らかな部分は400g程度。よそだと特上牛タンとして提供するような部分のみ、うちでは使用します」と店長・今井氏。

部位を選ばすに提供している焼き肉店では、かみ切れず一枚を押し込むように食べることになりがちなタン。『永秀』ならそんな心配は無用。すんなりかみ切れ、分厚いのにとろけるよう!特上クラスの牛タンが、普通の「牛タン塩」(¥1300)で楽しめるのだ!

特製の塩だれで味付けされたタンは、レモンのみを搾って食べるのもおすすめだが、お店で用意される塩だれを付けて食べるのもおすすめ。

「牛タン塩」はビールもグイグイ進むはず。

このくらいの焼き加減がベスト!タンの柔らかさを堪能できる。

「本日の焼きすき」(¥500/1枚)※部位は日により異なる

タンのみならず全メニューが旨い!その訳とは?

「牛タン塩」を味わっただけでも『永秀』のレベルの高さは実感できる。しかし驚くのは、まだ早い。食べるべき肉はまだまだあるのだ。

おすすめの逸品を紹介する前に、なぜここまでおいしい肉を提供できるのか、その訳を探ってみたい。「当店では、その日一番鮮度のいい精肉・ホルモンを買い付けています。ブランドや産地にはこだわらず、新鮮さを何よりも大切にしています」と今井氏。

創業以来、毎日欠かさずこの鮮度重視の仕入れを行い、その日仕入れた肉はその日のうちに使い切る。そして、買い付けの際、卸を通さないため、安価での提供が可能になるのだ。

スタッフさんが丁寧に焼き上げてくれるので安心!

続いてはお店イチ押しの「焼きすき」を堪能せよ!

「牛タン塩」を味わったら、「焼きすき」を注文してみて欲しい。「すき焼き」に使用する部位は、その日によって異なるが基本的に脂がのった部位で提供。

この日の部位は、イチボと呼ばれる牛のお尻のあたりから極少量しかとれない希少部位。程よくのった霜降りの甘さと、赤身の旨みが特徴だ。味付けは特製のモミダレを使用している。

もちろん肉だけで食べても絶品だが、生卵を付けるとさらに美味。

サッと両面を焼き上げた肉は、生卵に付けて召し上がれ。「生卵には大根おろしが入っているので、卵と肉がよく絡むんですよ。この方法は試行錯誤の末に辿り着きました」と今井氏。

生卵のとろみと、肉の旨みがあいまって最高の口当たりだ。1枚でロースターからはみ出んばかりの大きな肉でありながら「もうなくなった!」と言わずにはいられないほど、口の中でとろ~っと溶けていってしまう。もう一枚食べたくなること間違いなしである。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ