ついに1km越えも! 世界の超高層建築物・構築物ランキングトップ10

日本一の高さを誇る東京スカイツリーのように、世界にも圧倒的な存在感を持ちその国のシンボルとなっている、ビルなどの超高層建築物、電波塔などの構築物が存在している。

そこで、半端ではない高さを誇る世界の建造物を調べてランキングにしてみました。こんな高いところからその国の街を一望してみたい!

※アメリカの「KVLY-TV塔」など、展望エリアのない電波塔は今回は省きました。

10位:台北101(509m)

台湾・台北

10位にランクインしたのは台湾の台北にある、東アジア一の高さを誇る超高層ビル『台北101』。正式名称は「台北金融大樓」で、101の名前の由来は、地上101階だから。

地下1階~地上5階までがレストラン・ショッピングフロアになっており、地下2~5階までは駐車場、89~91階が展望台フロアになっている。台湾旅行に行くならここはマスト。

9位:ウィリス・タワー(527m)

アメリカ・シカゴ

9位はアメリカのシカゴにある『ウィリス・タワー』。屋根部分までの高さは442mだが、アンテナ部分まで含めると527mの高さ。110階建ての超高層ビルで、以前のビル名は「シアーズ・タワー」であった。

展望室は103階にあり、「ザ・レッジ」と名付けられた展望室は全面ガラス張りになっており、スリル満点。

8位:オスタンキノ・タワー(540m)

ロシア・モスクワ

8位はロシアのモスクワにある、『オスタンキノ・タワー』。この付近は高い建物がほとんどなく、一際目立つテレビラジオ塔だ。

高さ337mの場所に展望台があり、床の一部がガラス張りになっており、足元を見ればその高さを実感できる。ただ、モスクワの中心地からは少し離れている為、クレムリンは小さくなら見える。

7位:1ワールドトレードセンター(541m)

アメリカ・ニューヨーク

7位はニューヨークにある『1ワールドトレードセンター』。こちらは2001年のアメリカ同時多発テロ事件で崩壊した「ワールドトレードセンター」の跡地に建てられた超高層ビルだ。

地上104階と地下4階からなり、展望台は100~102階に位置し、101階には展望レストランもある。ニューヨークの夜景を眺めながらディナーできればムードは抜群だろう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ