男の到達点『メガヨット』 Vol.8

海風と太陽が降り注ぐこんなデッキで恋人と乾杯したい、男の到達点『メガヨット』

curated by
ナイジェル・ビーティー

我々の持つヨットへの固定観念を覆すような"メガヨット"を毎週ご紹介するこの連載。今回も、これまで30万海里以上にもなる航海経験をもつキャプテン・ナイジェル氏におすすめのメガヨットを聞いてみた。

第8回目となる本日は、イタリアンスタイルとデザインの全てを詰め込んだ外観と、船内の所々がスタイリッシュかつ煌びやかなベネッティ・リヴォルノ社の「イリュージョンV」をご紹介。

パーフェクトボート

私は、他のボートショーの上をいくモナコヨットショーが大好きだ。 メガヨットのみに焦点を当て、前年に造船された新しいメガヨットのショーケースでもあるのがこのヨットショーだ。メガヨットとは最低でも全長40m、モナコがこの巨大なヨットに埋め尽くされるのだ。

2014年、ベネッティ・リヴォルノ社の58m、4デッキ、スチールとアルミ製の「イリュージョンV」がこのショーで展示されたのを思い出した。

まず最初にこのヨットを見ると、イタリア製だとすぐに分かる。イタリアンスタイルとデザインの全てを詰め込んだその外観は非常に素晴らしい。船尾から乗船すると最初に現れるのはメインデッキ後方の広大でスタイリッシュなコックピットエリアだ。大きなC型のソファにコーヒーテーブル、角にはゆったりとしたラウンジチェア付きのコーナーバーがある。

その先のメインサロンには高級感のあるディナーテーブルがあり、10名までのゲストがラグジュリーなダイニングを堪能することができる。このメインサロンには大きなバーもあり、全体がエンターテイメントエリアとなっている。

「イリュージョンV」は12名までのゲストが高級感のある客室に宿泊できる。11mのビームを丸々とったVIPキャビンは圧巻だ。その他のキャビンは、ツインが3室、ダブルスイートが1室。全ての客室には豪華な設備が整っている。

オーナーズ・スイートはメインデッキ上にある。ビームを丸々とり、大きな窓に美しいソファ。この広大なオーナーズスイートにはドレッシングルームへの入り口が二つ。大きなセントラルシャワーにバスタブ、トイレは二つあり、バスルーム全体が大理石とオニキスに覆われている。

クルーの数は12名まで。クルーキャビンは、シングルが4室にチーフエンジニア用のダブルルームが1室。それぞれのキャビンにはバスルームがついている。クルーエリアからは全てのデッキへアクセスでき、ゲストのプライバシーを守りながら、質の高い乗務を行うことができる。

【男の到達点『メガヨット』】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ