東カレ読者が最もデートで使うエリア・銀座でデートに使える名店 Vol.3

銀座三丁目大特集! ショッピングデートの後に寄りたい名店9選

銀座一丁目銀座二丁目と、東カレ読者がデートで一番使う街・銀座でおすすめのレストランやバーをご紹介してきたこの連載。

本日は三丁目。このエリアはショッピングのイメージが強いかもしれませんが、レストランも名店揃い!

銀座三丁目マップ

銀座三丁目は先日見た、銀座二丁目の南に位置し、同じく東西に長い長方形のエリア。外堀通り沿いには『プランタン銀座』、中央通り沿いには、『ルイ・ヴィトン』が目立つ『松屋銀座』や『シャネル銀座』、『Apple store』などがあり、ショッピングで人気のエリアだ。

銀座三丁目MAP:①~⑤(東側・東銀座付近)
①『イバイア』
②『ブラーチェ・エ・ヴィーノ・ジジーノ』
③『スタンド バイ ファーム』
④『徳うち山』
⑤『パリのワイン食堂』

仔羊のすね煮込み(¥3,000)は一度煮込んだ仔羊に最後、香味油をかけて仕上げた一品

肉好きのあの子と!肉料理自慢のビストロ
①『イバイア』

ビストロ

まず、銀座三丁目でおすすめしたいレストランエリアは、東銀座の裏通りだ。ここ『イバイア』は、目立たぬ狭い路地沿いにありながら、肉好きたちがこぞって通うオアシス。店の戸を開けば、カウンターでステーキを食べる女性のひとり客もいれば、仔羊の煮込みをシェアするカップルなどさまざま。

こちらはバスク料理の定番を押さえた気軽なビストロで、その肉力の高さで話題。メニューの中心となる自慢の肉料理は、飾り気がなくあくまでもシンプルだ。噛むほどに口中にジューシーな旨みが広がる、肉好きにはたまらないボリューミーなメニューが満載だ。

牛もいいが鴨肉も内臓も捨てがたい。肉好きにとってこの店の存在は、なんと有難いことか。

牛のヒレカツ(¥3,200)は揚げ物なのに衣が極薄でヘルシー。油で煮るように揚げているのでジューシーかつ柔らかい!

カウンターの目の前で肉が焼かれるのもライブ感があって◎

ちょいと渋めに炭火焼きとワインを
②『ブラーチェ・エ・ヴィーノ・ジジーノ』

イタリアン

下銀座エリアで人気のビストロを数多く手がけるリヨンブルーグループが作った、炭火焼きイタリアン。計16席の店内は、デートはもちろん、ひとりでビーフやラムの炭火焼きを食べるのも余裕な空気感。

肉は、尾崎牛と梅メイ山シャン豚トンを2本柱に、日によってラムや鴨肉なども扱う。そして野菜は、定番の野菜から、金美人参、バターナッツかぼちゃ、黒アワビ茸といった希少な品種まで種類豊富。

野菜焼きは¥300からあり、それにプラス肉を食べてグラスワインを飲んでもひとり¥4,000ほどでおさまるので、サク飯にも重宝する。実はメニューになくてもその日の食材によるパスタのオーダーも可能なのが嬉しいかぎり!

門崎牛のランプ(150g ¥2,080)は肉自体が中にソースを秘めているのでシンプルに塩・胡椒だけで

左.「尾崎牛の炭火焼き」¥2,300(150g)は、この日は外モモを使用。同じく炭で焼いた春野菜を添えて。おすすめの1本は、トスカーナの「スカラフォーネ」¥4,980。スモーキーな風味で炭火焼きとマリアージュを /右.「梅山豚のハム トンナートソース」¥700は、仔牛のハムにツナのソース、がお約束の料理を少々アレンジした一品にはジューシーな「カンティーネ・ヴァルパーネ」¥4,380を

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ