23区トリビア Vol.6

都心3区に追いつけ追い越せ! 東証一部上場企業が多い区4~6位の秘密

公表されている様々なデータから23区の実態を紐解くこの連載。前回、23区の東証一部上場企業を調べ、そのトップ3の区をみてきたが、今回は4~6位を見て行きたい。

23区企業数ランキング(東証1部上場)

まずはランキングのおさらい。グラフのように、都心3区で23区内の6割超えの東証1部上場企業が集まっていた。驚異的な数値だ。

今回は、都心3区に及ばずとも、かなり高い数値を叩き出している4位:新宿区(82社)、5位:渋谷区(78社)、6位:品川区(71社)についてみていきたい。まずは品川区から見て行こう。

6位:品川区(71社)

天王洲アイル周辺

品川区は71社の東証一部上場企業が存在している。
エリアとして多いのは、京急本線「北品川」周辺、JR大崎駅周辺、JR五反田駅周辺だった。

まず北品川・東品川・天王洲エリアをみてみると、加工肉の製造・販売を手がける"プリマハム"、ワイヤレス・ブロードバンド事業の"ワイヤレスゲート"、スマホ向けオンラインゲームの企画や制作を手掛ける"マーベラス"、カラオケトップブランド「DAM」やビッグエコーを展開する"第一興商"などが本社を置いていた。

港区で見たように、品川駅周辺も密集していたがそこに程近いこのエリアもどうやら人気のようだ。

交通の便◎でさほど混雑しないオフィス街・大崎

大崎も多かった。品川と五反田に挟まれており、山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線と利用可能で、どこから通勤するのも利便性は抜群。それでいて、日本橋や西新宿程といったビジネス街程混み合っていないので本社地として人気なのかもしれない。

大崎にある東証一部上場企業を見てみると、CVS大手"ローソン"、POSシステムのシェアが世界トップの"東芝テック"、モスバーガーの"モスフードサービス"、ハローキティで有名な"サンリオ"、グル―バル市場でニッチトップを目指す"日本製鋼所"などが集まってる。

品川区の東証一部上場企業の業種割合

品川駅に近いという立地が、企業に人気か

他には五反田に、カーナビなどの車用品メーカー"アルパイン"、人材サービス"フルキャストホールディングス"、児童書や学習参考書でお馴染の"学研ホールディングス"が集っていた。

目黒には、住宅用火災警報器で有名な"ホーチキ"や求人サイト「ジョブセンス」を運営する"リブセンス"が、大井町には筆記用具の"三菱鉛筆"、南大井には主に北海道・東北地方でホームセンターを出店している"DCMホールディングス"、トラック・バスの商用車を製造する自動車メーカー"いすゞ自動車"があった。

品川区は、東急大井町線・池上線・目黒線沿いのように、ベッドタウンとしての役割が高い中で、6位に上がったのは、北品川や大崎、五反田などどこへ行くにも便利な品川駅に近いというのがビジネス拠点として人気なのかもしれない。

【23区トリビア】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ