週末婚2016 Vol.11

週末婚2016:妻の妊娠! 迎えるのは離婚? それとも!?

前回までのあらすじ

週末だけ一緒に過ごす結婚・週末婚生活を送る諒介(31)と理帆子(35)。

理帆子に離婚歴があったことが諒介に知られ、さらに理帆子は妊娠していることが分かったが、まだ諒介には話せていなかった。一方の諒介も、年内に上海に行く話を未だ理帆子にできておらず……。

週末婚2016 vol.10:夫に隠していた離婚歴が明らかに! その時妻が取った対応とは?


「理帆子さんって、大人の女の仮面を被ったとんでもない女ですね。」

理帆子とその後を追うように理帆子の元夫が店を出て行った後で、いつもの鼻にかかった甘えるような話し方とは全く別のトーンで、クールに言い放った花の顔を見て諒介は驚く。素直で柔らかな雰囲気の無邪気な女性だと思っていたが、その表情は、計算高く狡賢く強かな女の顔に変わっていた。

その瞬間、今まで花に対して持っていた印象ががらりと変わった。自分はまたしても女に一本取られていたのかもしれない。全く、女という生き物は、いつも男の2歩も3歩も先を行っているんだなと諒介は思った。この強かさがあれば、星野は仕事でも成功していくのかもしれない。

「星野さん、今日は申し訳なかったよ。一人で帰れるよね?」

花は、諒介に何か言いたげな視線を返してきたが、花と同じくらい、いやそれ以上にクールなトーンで諒介が言ったことに何かを感じ取ったらしく、何も言わずに帰っていった。

馬鹿だな、俺は。

結婚する前のいくつかの恋でも、諒介は女に「してやられる」ことが多かった。お人好し、と言われる所以はこういうところにあるのかもしれない。

理帆子にも今までの女たちと同じように騙されていた、ということになるのだろうか。

いいや。結婚前、諒介のスペックだけを見て、言い寄って来る女たちがいたが、彼女たちと理帆子は明らかに違うはずだ。経済的には諒介よりも遥かに恵まれ、才能を生かせる仕事を持っている彼女が、離婚歴を隠してまで自分と結婚を望んでいた筈はない。

理帆子が離婚歴を隠していたことがやはり、腑に落ちない。第一、明らかに諒介の方が理帆子に惚れていたし、結婚を望んだのは諒介の側だったのだ。

ではなぜ、理帆子は離婚歴があることを隠していたのだろうか。

【週末婚2016】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ