港区仮氏事情 Vol.2

港区仮氏事情:彼氏がいても保険が必要。より良い条件を求めて仮氏作りに励む29歳

「Dating(デーティング)」という英単語をご存知だろうか。

海外、特に米国の若い男女の間でよく使用される言葉だ。正式な恋人関係ではなく、カジュアルにデートやそれ以上の行為を楽しむ。いわば「検討期間中」が「デーティング期間」にあたり、米国では文化として成り立っている。

そこから真剣交際、結婚に発展することも少なくはないが、そこであっさり離れてもお互いに責任は負わない 。彼氏がいる訳ではないので、複数同時進行でも構わない。

最近日本、特に港区でも受け入れられつつあるこの文化。デーティング期間中の男性を「仮氏(仮の彼氏の略)」と呼び、複数の「仮氏」を天秤に掛け、比較検討している港区女子もいるとか。そんな港区女子達の仮氏に対する現状と考え方を、この連載で明らかにしていく。


前回は3人の男性を同時進行することにより心の安定を図っている33歳の婚活女子、百合に迫った。


<今週の港区女子>

名前:有香
年齢:29歳
職業:大手音楽会社受付
出身校:大妻女子大学
住まい:芝公園
家賃:11万円
趣味:アイシングクッキー作り
好きな言葉:一期一会

本命彼氏がいても仮氏は別口で必要


「付き合って約1年の彼氏がいます。中々好条件なのですが、もっと他にいい人がいるかも!と思っているのでお食事会の誘いは断らないし、周囲にもいい人いたら紹介してね、と言っています。」

細身で小柄な有香は、初対面でも男性の扱いがうまそうだと思わせる気質がある。他の港区女子から「すごい子がいるよ」と聞き、紹介されたのが有香だった。

麻布十番の『Eat more greens』に入ってきた瞬間に一目で有香だと分かった。ふんわりとした濃紺のAラインのスカートに白い半袖のニット、そして高過ぎないヒール。本人にその意図があるのかどうか分からないが、男性ウケをかなり意識した服装だと思った。

そしてその彼女の言う仮氏は別口で必要とは、どうゆう意味なのだろうか?

「今の彼氏に不満がある訳でもないし、このまま30歳になってしまった際には結婚してもいいかなと考えています。でも、世の中にはもっとお金持ちの人もいるし将来の伸びしろがありそうな男性で溢れていて…何より本命彼氏に何かが起こった時の保険が29歳には必須でしょ?」

20代前半からお食事会に積極的に参加してきた有香の周りには、所謂「食事会専用女友達」が非常に多いと言う。未だに結婚しておらず、お食事会を繰り返しているその仲間の数名からよく誘われるので出会いはまだまだ多い。

「他の人が大企業の社長ご子息と結婚したとか、海外でセレブ妻になったとか聞くと何だか許せなくて。今の彼氏より良い人がいないか常にアンテナを張り巡らせています 。」

【港区仮氏事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ