生肉好き集まれ!今すぐ食べに行きたいユッケ&タルタル9選!

生肉ラバーのみなさん、都内でもまだまだ安全でおいしくユッケ&タルタルが頂ける店があるんです! 生食用食肉取扱者の認定を受けた店で、安全な保証は間違いなし!

読んだら絶対に食べたくなる、絶品生肉ワールドへご案内!

店が自信を持って提供する「正真正銘のユッケ」

独り占めしたい絶品ユッケ!『焼肉 稲田』

目黒にある人気店『焼肉 稲田』。“認定生食用食肉取扱者等設置施設”の認定を受理しており、安全なのは保証済み!こちらで味わいたいのは「正真正銘のユッケ」だ。

特製ダレが艶めくA5ランク黒毛和牛の生肉の上には、箸でつまめるほどに濃厚な茨城県産のこだわり卵が。これはみんなで来ていても、人数分注文をして、独り占めしたいおいしさ。一人一ユッケで堪能しよう!

日本一のサーロイン・ユッケ。タレまたはネギ塩が¥1,980、ハーフ&ハーフが¥2,280

カルパッチョのような薄切り生肉が絶品!『代官山焼肉 kintan』

熟成タンなどのメニューで舌の肥えた大人達をうならせてきた『代官山焼肉 kintan』のスペシャリテは、その名も「日本一のサーロイン・ユッケ」。

そもそも、ユッケとは韓国の郷土料理の1つで、やや硬いモモ肉をしょう油やごま油などで味付けした料理。kintanは、こうした従来の発想を覆し、上質の部位と切り方で、究極のユッケに挑戦したのだ。たどり着いたのが、見た目の美しさと肉質の良さで知られる去勢牛のサーロインを使用し、イタリアのカルパッチョのように薄切りにする方法。

これが旨くないはずがなく、なめらかな舌触りとサーロインならではのとろける食感がたまらない。味付けは、タレとネギ塩が選べるほか、ハーフ&ハーフにすると両方が味わえる。見たら絶対に食べたくなる、生肉テロなメニューだ!

極上のユッケを食べられる生肉好き感涙の店

生肉が売りのビストロ『黒毛 WAGYU BARU & STEAK HACHI』

テリーヌ、コンフィ、リエットとおなじみのビストロメニューをすべてA5ランクの黒毛和牛で作るという稀有な店が『黒毛 WAGYU BARU & STEAK HACHI』だ。

なかでも食べるべきは、生肉好き垂涎の雌牛のユッケ。一度食べたら思い出す度に禁断症状を起こす甘美な味わいである。

オシャレな店内で生肉を堪能しよう。

生肉提供認可店だからこそ食べられる「タンユッケ」

タン元から2人前しか取れない貴重な部分を使用したユッケ『うしごろ銀座』

『USHIGORObambina』や『TEPPANbambina』、『うしごろ貫』など、昨今様々な業態で店舗を増やしている『うしごろ』の銀座店。

こちらで堪能したいのは、やはりA5ランクの国産黒毛和牛ならではの生肉メニューの数々。生肉提供認可店だからこそ食べられるのが嬉しい。

同じ『うしごろ』ブランドの西麻布店でもコースでなければ食べられない黒毛和牛のタンがアラカルトで、しかも厚切り、タンしゃぶ、タン先など様々なバリエーションで楽しめるのだ。

なかでも「タンユッケ」はタン元から2人前しか取れない貴重な部分を使っている。同じタンを様々な調理法で食べ比べてほしい!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ