23区トリビア Vol.3

23区バトル:食の都東京で、飲食店が最も密集しているエリアはどこだ!?

食の都、東京。
和洋中からフレンチ、イタリアン、各国料理まで、世界中のグルメが抜群の味で楽しめる東京には、雨後の筍のごとく、凄まじいまでの飲食店が乱立している。

それでは、23区の中でどの区に飲食店は一番多いのか?そしてその区の中でもどのエリアに集中しているのか?今回も公表されている統計を元に算出してみました。

宿泊業、飲食サービス業の事業所数(2012年度)

23区宿泊業、飲食サービス業の事業所数ランキング

早速、ランキングを発表しよう。

1位:新宿区(6,207)
2位:港区(6,113)
3位:中央区(5,778)
4位:千代田区(4,015)
5位:大田区(3,907)

6位:台東区(3,574)
7位:渋谷区(3,506)
8位:世田谷区(3,452)
9位:足立区(3,090)
10位;杉並区(3,080)

11位:品川区(2,910)
12位:豊島区(2,846)
13位:江戸川区(2,540)
14位:板橋区(2,519)
15位:江東区(2,431)

16位:練馬区(2,250)
17位:葛飾区(2,176)
18位:北区(1,984)
19位:墨田区(1,939)
20位:中野区(1,802)

21位:文京区(1,705)
22位:目黒区(1,627)
23位:荒川区(1,191)

こちらは2012年のデータだが、宿泊業、飲食サービス業の事業所数を23区で多い順に並べたものだ。新宿区、港区、中央区、千代田区と都心が続いて、その後に大田区、台東区がランクインしている。大田区、台東区が渋谷区を抜いているとは大健闘だ。
おじいさん世代は、「昔は美味しいものを食べようと思ったら浅草だった」とよく言うが、老舗の意地を感じさせる結果だ。

最下位は荒川区。そういえば荒川区はもっともスタバが少ないエリアであったが、そもそも飲食店自体が少なかったのだ。

ついで、そこに従事する従業員数の統計を見てみよう。

宿泊業、飲食サービス業の従業者数(2012年度)

23区宿泊業、飲食サービス業の従業者数ランキング

上のグラフは宿泊業、飲食サービス業の従業員者数。事業所数に比例して従業者数も上がるのが普通だが、先程上位にいた大田区、台東区は事業所数の割に従事者数が少ない。下町には、自営、あるいは小規模な店舗が多いという事が伺える。


1位:新宿区(82,849人)
2位:港区(80,494人)
3位:千代田区(59,635人)
4位:中央区(59,281人)
5位:渋谷区(46,654人)

6位:豊島区(31,430人)
7位:品川区(31,089人)
8位:世田谷区(29,498人)
9位:台東区(28,373人)
10位;大田区(27,650人)

11位:足立区(23,092人)
12位:江東区(21,562人)
13位:江戸川区(19,684人)
14位:文京区(18,802人)
15位:杉並区(18,433人)

16位:練馬区(17,808人)
17位:板橋区(15,878人)
18位:墨田区(15,102人)
19位:北区(13,692人)
20位:葛飾区(13,044人)

21位:目黒区(12,467人)
22位:中野区(11,607人)
23位:荒川区(7,285人)

以上のようなランキングになったが、今回は、さらに細かくエリア分析を行ってみよう、ということで、本日は1位の新宿区を詳しく見てみることにする。
新宿区といってもなかなかに広い。一体どのエリアに集中してるの?
○丁目のレベルまで詳しく分析してみました。

【23区トリビア】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ