神楽坂にオープン!NYスタイルのサラダボウルがランチでヒットしそうな予感!

本日、美食の街・神楽坂に新しいコンセプトのお店がオープンした。しかも、慶応卒の元エリート証券マンが華麗なる転身で立ち上げた店である。

アメリカではメジャーな「サラダボウル」に、日本のエッセンスを加えたファストカジュアルレストラン『WithGreen』。美味しく食べて、心も身体も大満足!どんなお店かさっそくご紹介しよう!

鮮やかな色は、元気のミナモト・ビタミンパワー!

証券マン時代、NYでは日常にとけこんでいたサラダボウル。海外の友人が来日した際、「何故日本にはサラダボウルの店がないのか?」といった反応も、創業のきっかけになったという。

創業者はなんと、ウォール街で働いていた大手証券マン!

『WithGreen』の創業者・武文智洋氏は、慶應義塾大学を卒業後、大学院へ。野村證券に入社し、日本株トレーダーとして東京・NYのウォール街で勤務。

大学生の頃から起業は目指していた。そのため、証券業界を退職後“食”をテーマに掲げ世界一周も果たした。様々な国の料理に触れたからこそ、舞台は日本&海外のグルメで勝負することを決意。

そして白羽の矢を立てたのが、アメリカのサラダボウルだったのだ。

ラーメンを筆頭に炭水化物偏重の日本の外食・中食を、ヘルシーなものに変えていきたい!そんなテーマを掲げ、今年1月からの準備を経て『WithGreen』を誕生させたのである。

アメリカの「サラダボウル」をそのまま取り入れるのではなく、日本流にアレンジさせているのがウリ。

“地産地消”がコンセプト!こだわりの詰まったサラダボウルを提供!

オーナー武文氏もNYで、毎日のようにランチで食べていたサラダボウル。ニューヨーカーの定番であり、特徴はやはり、ボリューミー&ヘルシーであった。

『WithGreen』では、日本らしさを大切に、こだわった点は2つ。

まずは”野菜”の仕入先。日本各地から厳選した国産農家と直接契約したものを採用している。農家と消費者の架け橋になればいい、との思いもある。

そして2つ目は、”食育”。味や値段だけでなく、安心安全にも最大限注意を払っている。
その上で、食材そのものの成長の過程や、農家の方が育ててきた想いを、『WithGreen』から発信。契約農家での野菜の収穫体験や、食に纏わるワークショップなどにも精力的だ。

食育の一環で訪れたレタス農園。実際に見たり聞いたり触れたりして、納得できるものを仕入れている

玄米農家では、実際に農家の仕事を体験。収穫する楽しさや大変さを知った上で提供している。

新鮮生野菜から一手間加えたものまで、20種類以上の旬の野菜が勢ぞろい!

サラダボウルの中身をセルフ・コーディネート!

信頼できる農家から、直接仕入れた自慢の野菜と、サラダとの相性がいい鶏肉や豚肉、旨みが凝縮された腹持ちの良い玄米etc...。

ゲストは、その日の気分や体調にあわせて、お好みの具材やドレッシングを選び放題!

さらに、テイクアウト専用のスペースでは、忙しいビジネスマンやOLがさくっとランチで買いに来ることも可能だ。

美容や健康にも優しい、良いことだらけのオリジナルサラダボウルを、貴方も一度ご賞味あれ!

野菜にあうジューシーなお肉も用意されているので、野菜だけでは物足りない場合も心配なし!

白米よりもビタミン・ミネラルの栄養価が高く、糖の吸収も穏やかな玄米。サラダと玄米の相性の良さを体感しよう!

目の前でカットされた野菜やお肉がどっさり盛られ、ドレッシングと一緒にボウルの中でしっかり掻き混ぜたらできあがり!

東京で働く忙しい方々にこそ、美味しい健康を味わって頂きたい

■店舗概要

店名:WithGreen(ウィズグリーン)
住所:新宿区神楽坂 3-2-10 桐信エステート 2F
時間:【月曜~土曜】11:00~22:00・【日曜】11:00~20:00
電話:03-5579-2905
URL: http://www.withgreen.club
クラウドファンディングサイト:https://readyfor.jp/projects/withgreen

【緊急アンケートを実施中!】(募集期間:2016.5.19~2016.5.25)
■東京カレンダー読者の好きなお酒事情!回答はこちら


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ