今週の激辛! Vol.17

あのカリスマラーメン「ゲンエイ」系の新店に激辛メニューがあるらしい!

かの「アイアンシェフ」でロブションの須賀シェフと対戦した、人気ラーメンシェフ入江 瑛起氏の手がけるラーメン店『麺劇場 玄瑛 六本木店』。

その名店に、辛くて旨い限定商品「水煮肉片麺」があるのはご存知だろうか。期間限定ラーメンだったからもうないはずなのだが、辛旨好きな東カレ読者の為に、再び販売していただけることになった。その貴重な超限定ラーメンをご紹介しよう!

劇場型のスタイリッシュな店内

『ゲンエイワガン』に続く新店が仕掛けるラーメンとは?

劇場型の内装で、六本木らしくシャンパンを開けたくなるスタイリッシュな雰囲気。だが、派手なパフォーマンスをするBARではない。ここはラーメン一筋の店なのだ。

オーナーの入江瑛起氏は、福岡県で『玄黄』や『麺劇場 玄瑛』、東京・広尾で完全予約制のラーメンダイニング『ゲンエイワガン』をオープンさせてきた。

昨年10月にオープンした新店の『麺劇場 玄瑛 六本木店』でもまた数々の創作メニューを生み出し続けている。

水煮肉片麺(¥1000)

期間限定の旨辛ラーメン「水煮肉片麺」!

通常ラーメンは2種類のみ。その他、常連客が楽しみにしている期間限定ラーメンがある。特に好評だったのは、先日まで期間限定で販売していたラーメン「水煮肉片麺」。

これがどうしてもまた食べたくて交渉したら、東カレ読者限定で5月12日から26日まで20食限定で再び販売してもらえることになった!

取材という名分で来たもの嬉しい展開!このハイテンションのまま「水煮肉片麺」の魅力を語ろうではないか!

「水煮肉片麺」のやみつきスープ

イベリコ豚のこっくりした旨みと香辛料の辛さ・香りがたまらない!

スープのベースは、イベリコ豚や豚足で取ったスープと出汁(焼きアゴ、シジミ、鯖、ウルメ、昆布)。10種類の香辛料(唐辛子、中国山椒、八角、けしの実、麻の実、陳皮、胡麻、あおさ等)をイベリコ豚ベジョータオイルでコーティングしている。

1杯のラーメンにこんな材料を使っているとは、見た目では想像つかないであろう。しかも水煮肉片といえば、四川のオイリーな激辛料理のイメージだ。

実際辛すぎて、横の冷静な客がひくほど汗だくになる。辛いが、イベリコ豚の最高ランク「ベジョータ」の旨味成分をたっぷり含んだオイルが、出汁の旨味と香辛料の芳醇な香りに調和し、最後の一滴まで美味しくて飲み干してしまう。

さて、この貴重な1杯を食すには「スイジュウ」と伝えて20食限定に間に合えば、注文可能!

数量限定だから本当は教えたくなかったけれど、感動を共有したい気持ちの方が勝ってしまった。上質な美味しさは、人の心まで美しくするものだ。

【今週の激辛!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ