読者モデルの闇 Vol.2

読者モデルの闇:やめられないインスタ地獄。いいね!に翻弄されて睡眠不足

彼氏はいるけど、フォロワー数が減るのが嫌で公表できない


「実はもうひとつ悩みがあって。彼氏がいるんですが、10歳年上のためちょっと”パパ”っぽく見られそうなんです。私のフォロワーは爽やかそうな人と付き合ってほしいと思っているみたいで」

アイドルじゃあるまいし、そこは気にしなくても!と思わずツッコミを入れたくなるが、沙希にとっては真面目な話。世界観が大事とされるインスタグラムでは、フォロワーの要求と相反すれば一気に離れられてしまうという恐ろしさがあるのだ。ファッションがいつもと違う、友達のタバコが写真に写る、そういったキャラではないことは「イメージと違います……」と言われ、周りにも伝染する。

一番の味方であると思っている人たちは同時に、一番の敵でもあるのだ。

人数がもっと増えれば何をしても「かわいい」や「面白い」ともてはやされるが、沙希はまだ様子見の状態。そういった緊張状態にいつもいるため、彼氏とのデート中は万が一フォロワーに見られたら?という不安でいっぱいになる。望まれているように、爽やかな彼氏でも作り直そうかなと考えているそうで、こうした”SNS疲れ”に悩むモデルは少なくないと話してくれた。

自撮りは一日100枚撮影が当たり前


ここで沙希のスマホを見せてもらうことにした。カメラロールには同じような自撮りがズラッと並び、どれもちょっとずつ加工が施されてある。自撮りは一日何枚くらい撮るの?と聞けば、「多くて100枚」と答えるがどれも同じに見えるぶん、ここまで撮らなくても……と老婆心ながらに思ってしまう。

......


【読者モデルの闇】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo