恵比寿で肉食女子が絶対に喜ぶデートレストラン5選

テーブルにセットされたカトラリーも女子の心をくすぐる

今恵比寿で一番肉食女子に指さるフレンチ『ビストロアム』

恵比寿

「野菜のパフェ、食べに行かない?」そう誘われて断る女性はいないだろう。40種類以上の野菜を使ったディナーコースが楽しめるフレンチレストラン『ビストロアム』。

コンセプトは゛しっかり野菜、ちゃんとフレンチ”。心と ゛âme(魂)” が躍るような料理を、普段よりも少しだけ贅沢な空間でリッチに楽しめるのだ。

恵比寿東口から5分。 物理的に2人の距離が近づくほどの、小さな通り沿いに佇む一軒家。外の静けさとは一点、店内は純白のクロスが明るく輝き、テーブルにセットされたカトラリーも女子の心をくすぐる。

アミューズの「ミニチュアフォアグラフォンデュ」。ソースにはフォアグラがふんだんに使われている

ここの料理は、とにかく女子に指さると評判だ。コースのみの用意だがその価格も4,500円という破格であり、たっぷりワインを飲んでも安心。

まずはアミューズの「ミニチュアフォアグラフォンデュ」。ミニサイズのバーニャカウダの登場に、女子のテンションも一気に上がる。

さらにそのソースには惜しげもなくフォアグラがたっぷりと使われている。口の中に広がる濃厚なフォアグラの風味とみずみずしい野菜の食感を楽しもう。

スペシャリテは「野菜のパフェ」か「魚介のパフェ」をチョイスできる。写真は魚介のパフェ

人気のスペシャリテは、美しいグラスに盛り付けられた「野菜のパフェ」。旬の野菜を使ったアイスクリームを中心に20種類以上の野菜がまるでパフェのように盛り付けられた一品。

コースに続くのは「フォアグラのポアレ」に、「牛頬肉の赤ワイン煮」はストウブで登場。フォアグラに牛頬肉など贅沢な食材を使い満足度も高い。

デートなら最後までぬかりなく。この店はデザートもまたスペシャルだ。見た目も美しい「焼き葡萄と葡萄のグラニテ」でこの日のゴールを決めてほしい。

「フォアグラのポアレ」

「牛頬肉の赤ワイン煮」はストウブで提供されるところも女子にウケるポイント

デザートまでぬかりなく「焼き葡萄と葡萄のグラニテ」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo