360度“ふともも”に囲まれる魅惑の『ふともも写真の世界展』が凄すぎる

2014年にオープンし、「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」や「鼻ぺちゃ展」などユニークな展覧会を開催する浅草橋のギャラリー『TODAYS GALLERY STUDIO』。

今回4/22(金)~5/15(日)まで開催されるのが、女性の“ふともも”をモチーフに作品を撮り続ける写真家、ゆりあ氏の個展「ふともも写真の世界展」だ。

タイトルの通り、女性の“ふともも”に囲まれたギャラリー。360度ふとももの小部屋、ふともも温泉など、体験型アートも充実していて、ふとももの世界が広がる。その美的センスの高い芸術を、ぜひご覧あれ!

[ 太もも写真の世界展©ゆりあ ]

“ふともも”はついに芸術となった!
1,000脚が集う魅惑の空間「ふともも写真の世界展」

[ 太もも写真の世界展©ゆりあ ]

[ 太もも写真の世界展©ゆりあ ]

[ 太もも写真の世界展©ゆりあ ]

1,000脚の“ふともも”に囲まれるアート空間

こちらのギャラリーでは、昨年7月にも“ふともも”をモチーフにした写真活動を続けているゆりあ氏の初個展を開催。10日間で2,500名を動員した。2度目となる今回の個展は、ゆりあ氏がこれまで作品発表に冠していた「ふともも写真館」を超え「“館”から“世界”へ」をテーマに設定。

未公開の新作を数多く用意し、展示作品数500点以上、実に1,000脚のふとももが会場を埋め尽くす独自の世界が展開される。フェティシズムの追求からアートへと昇華した「ふともも写真の世界展」は、性別や嗜好を超えて楽しめる内容だ。

[ 太もも写真の世界展©ゆりあ ]

ふともも温泉や、雨の日だけの入場特典も!

この個展では、ギャラリー内の小展示スペースを利用して、360度ふともも写真で囲まれた空間展示を設置する。より濃縮されたふとももの世界を体感できるのだ。

また、5月4日(水)にはギャラリー外スペースにて女性限定の「ふともも温泉(足湯)」を用意。パノラマの大型作品を複数展示した空間で、ふとももに囲まれながら癒しのアート体験を楽しもう。

来場の特典として、先着で週替わりのポストカード4種もぜひ手に入れたい。さらに、雨の日には通常の入場特典に加えて「雨の日限定特典」が数量限定で配布されるようだ!

[ 太もも写真の世界展©ゆりあ ]

[ 太もも写真の世界展©ゆりあ ]

[ 太もも写真の世界展©ゆりあ ]

物販では、本展限定のコラボアイテムを多数販売!オールハンドメイド、MADE IN JAPANにこだわり続けるレザーブランド「OJAGA DESIGN」からは、数量限定でふとももの立体感まで再現されたパスケースが登場。

さらに、ゆりあ氏初となる作品の展示販売を行う他、テストプリントなどの販売も行われる。数量限定のガイドブックは、未公開ショットや新作ショット、会場内の展示作品も収録した豪華ブックレット仕様だ。

女性が生まれながらに持つ“ふともも”の姿を、いやらしい意味でなく少し別の視点から見てみると、それが芸術になる。ゆりあ氏の生み出すその未知な世界観を、ぜひ堪能してみてはいかが?

■開催概要

イベント名:ふともも写真の世界展
開催日程:4/22(金)~5/15(日)
時間:11:00~19:00
場所:TODAYS GALLERY STUDIO
(台東区浅草橋5-27-6 5F)
入場料:500円 ※3歳以下は入場無料
休館日:月曜
※ただし5月2日(月)は開館
※振替の休館日はございません
イベントURL:http://www.tgs.jp.net/girlsart2.html

■ゆりあ プロフィール

2011年から本格的に“ふともも”を撮り始める。2014年のデザインフェスタへの「ふともも写真館」出展で注目を集め、2015年初頭に2冊の写真集を連続出版。

2015年7月には初の個展「曖昧☆ふともも写真館」を開催。今年、5冊目となる写真集『ふともも写真館2』を出版するなど、“ふともも”をモチーフにした写真活動を続けている。

URL:http://futomomo.org/
Twitter:https://twitter.com/yuria

【スタッフ募集!】(応募締切:~2016.5.8)

①WEBデザイナー
②iPhoneアプリエンジニア
③編集オペレーター

▼詳しくはこちら
https://tokyo-calendar.jp/story/2533


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ