甘くて辛い「大阪カレー」特集!あと引く味がたまらない都内の厳選4店

みんな大好きな国民食「カレーライス」。その店舗が日本一多いのが「大阪」だということをご存知だろうか?

注文して即、ライスにルーをかけるだけでサッと食べられるのが、せっかちな大阪人の気質に合っているからだとか。そんな「大阪」の「カレー」は独自のスタイルがある。

最初のひと口はフルーティーで甘く、食べ進めていくうちにじわじわと辛さを感じる「甘辛カレー」、食材をトロトロに煮込むことですべての旨味がルーに溶け込んだ「具なし」が特徴。今回は都内で食べられる「大阪カレー」の厳選4店を紹介しよう!

インデアンカレー玉子入り(800円)

甘辛の華麗なるハーモニー!これこそ大阪カレーの元祖!『インデアンカレー』

まず最初に紹介するのが1947年大阪で創業の東京駅近くに構える『インデアンカレー丸の内店』の「インデアンカレー玉子入り(800円)」だ。

こんもり盛られたライスの上には卵黄がのせられ、さらにその上から適度に粘度のあるルーが全がけされたこちらのカレーライス、ひとくち口にすると子供の頃によく食べたようなフルーティで甘い味わいが口の中いっぱいに広がる。と、懐かしんでいるのも束の間、食べ進めていくうちにスパイシーな辛さが後から追いかけてくる。

卵黄を絡めていただけば、まろやかさとコクがアップしてさらにおいしくいただくことができる!

「甘いけど辛い!」「辛いけど甘い!」じんわりと汗をかきながらもスプーンが止まらないカレーだ。辛さが強くなってきたところで卵黄を崩していただけば、スパイシーなルーにまろやかさとコクが加わり、また一味違った味わいを楽しむことができる。

これこそ大阪カレーの元祖!甘辛の華麗なるハーモニーを全身に感じることができる、大阪カレーを語る上でははずせない必食の一皿だ!

美しい盛りの「トンカツカレー(880円)」

トッピングとの相性抜群のカレールー!『上等カレー』

続いて紹介するのが、1983年大阪にて創業の『上等カレー渋谷本店』の「トンカツカレー(880円)」だ。大量の和牛バラ肉と玉ねぎを使って作られたこちらのカレールーは存分に旨味、甘味、コクが抽出されており、一口目はほんのりとした甘さを感じさせながらもその後に感じる辛さも程よく、バランスの良い仕上がりとなっている。

このルーとトッピングのトンカツとの相性が実によく、衣にカレールーがよく馴染んでおり、絶妙な一体感を感じさせてくれる。揚げたてのサクサク食感と相まって実にテンポ良く食べ進めることができるカレーライスだ。

縦横にカットした一口サイズトンカツを一番最初に実践したカレー店がこちらのお店だ!

ちなみにトンカツを縦横の一口サイズの食べやすい大きさにカットして提供した最初のお店がこちらなのである。さらに、卓上に置いてある福神漬けとキャベツの酢漬けは、渋谷店限定ではあるものの食べ放題というのも嬉しい。

「インパクトと余韻」がこだわりというだけあって、一度食べたら数日経たずともまた食べに行きたくなる魅力満載のカレーライスがここにある。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ