東京23区バトル Vol.2

23区バトル:犯罪発生率から見る本当に危険な区/安全な区とは?

23区に関する様々なデータはネット上で公開されており、それらを紐解くと中には我々が驚く意外なデータ結果も見られるのだ。

今回は、犯罪発生率から安全な街、危険な街を考えてみよう。

第一回:23区バトル:都内で一番女性比率が高い区と男性比率が高い区はどこだ!

貴方の暮らす区は果たして安全なのだろうか?

日本といえば、世界の中でも安全な国として有名だ。
それでも、人口が密集している23区内は、日本の中で比較すれば犯罪発生件数が多い。

では、はたしてどの区が一番デンジャラスな区なのだろうか?逆にどの区が最もセーフティな区なのか?
23区に住んでいる人も通勤している人も、これから住もうと思っている人も知っておいて損はない情報だろう。

警視庁のHPで公表されている23区の刑法犯発生件数から考察してみよう。

23区の刑法犯発生件数(2015年度)

グラフは2015年度12月末時点での件数。
これだけをみると、新宿区が一番デンジャラスな区とみてとれる。
しかし世田谷区が2位というと、少しイメージと違うように思える。

これは、当たり前だが区によって人口が違うからだ。人口が多ければ犯罪件数も多いのは必然。
重要なのは人口に対する犯罪件数の「比率」であろう。人口が少ないのに犯罪が多発していれば、そこが一番危険な地域なのだ。

ということで、この結果に人口を加味して、真に安全な区、危険な区を導いてみよう。

犯罪発生率(%)2015年度

上のグラフは、人口100人あたりの犯罪件数を%で算出したもの。
トップ3とワースト3をピックアップしてみよう。

【犯罪発生率が高いトップ3】
1位.千代田区(5.95%)
2位.渋谷区 (2.67%)
3位.新宿区 (2.38%)

【犯罪発生率が低いトップ3】
1位.大田区(0.79%)
2位.文京区(0.82%)
3位.品川区(0.85%)

ぶっちぎりで犯罪発生率が高い千代田区!?しかし真意は・・・

ご覧頂いたように、犯罪発生率トップ3の中でもぶっちぎりで危険な区が千代田区。
5.95%は2位の渋谷区、3位の新宿区と比べても倍近い値になっている。

「?」と思う読者の方も多いだろう。千代田区と言えば皇居や政治の中枢が密集しており、犯罪が多いとはとても思えない。
では、なぜこんなにも千代田区に犯罪発生件数が集中しているのか?
そこにはある理由があった!

【東京23区バトル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ