4/22から3日間!旨すぎる宇都宮餃子の祭典が『横浜赤レンガ倉庫』に出現

昨年4月に横浜で開催され、3日間で16万人が訪れたという宇都宮餃子の祭典「宇都宮餃子祭り in YOKOHAMA」が再びやってきた!今年も『横浜赤レンガ倉庫 イベントスペース』にて本日4/22(金)~4/24(日)まで開催される。

出店は計15店舗で、超人気な宇都宮餃子の名店から変わり餃子まで様々!春らしく野外で、普段はなかなか食べられない宇都宮の旨い餃子とビールを楽しんでみてはいかが?

昨年の様子。各地から餃子好きの人々が集まり宇都宮の餃子を楽しんだ。その数、3日間でおよそ16万人…!宇都宮餃子の人気が分かる。

『横浜赤レンガ倉庫』に3日間限定で宇都宮餃子の人気店が大集合!

宇都宮市民のソウルフード、宇都宮餃子が食べられる人気イベントが、今年も『横浜赤レンガ倉庫』で開催だ!昨年は3日間で16万人の入場者が訪れた。旅行会社とタイアップした「宇都宮観光ツアー」も企画され、その後餃子目当てに県外から宇都宮を訪れる観光客も増加しているという。ものすごい餃子吸引力だ!

会場では、超有名店の『宇都宮みんみん』や『龍門』のほか、揚げ餃子やスープ餃子などの変わり種も販売される。皮の厚さや焼き方など、お店ごとに個性と肉汁が溢れる宇都宮餃子を楽しむことができるのだ♪

出店される餃子店は全部で15店舗。それぞれのブースで、焼き立ての餃子が提供される!イベントではその他にも盛だくさんのコンテンツが催される予定。

「宇都宮餃子祭り in YOKOHAMA」の応援団長であり、東カレでもおなじみグルメブロガー・フォーリンデブはっしーさんと、宇都宮餃子会の鈴木章弘事務局長によるトークショーなど、ステージコンテンツも実施される。

また、自宅で宇都宮餃子の味を楽しめる冷凍餃子や餃子ポーチなど餃子グッズの販売もある。特設ブースでは、イチゴやお米など栃木県物産美味しいものの販売も予定されている。

今年は、JR上野-東京ライン開業1周年と、宇都宮市制120周年にあたる。あらためて宇都宮餃子のおいしさを味わうと共に、宇都宮を含めた栃木県の魅力をたっぷり感じられるイベントとなるはずだ。

パリパリっ!モチっ!っと、お店によって餃子の種類も食材も様々!

やっぱり食べたら飲みたくなるモノ。それが餃子だ、一緒にビールもどうぞ!

入場は無料だが、餃子を食べるにはチケットが必要だ。ちなみに最終日の4/24(日)以外は21:00まで開催されているので、夜でも写真のように大盛り上がり。

1枚でけっこう食べられる!美味しいチケット情報がこちら

チケットは【餃子1皿(4個)=1G、生ビール1杯=2G】という形式で販売。もちろん会場にもチケット売り場はあるが、チケットぴあでは餃子が1皿無料になる前売券も取扱中だ!

【チケット料金】
・3G+抽選補助券(1枚):1,100円
・9G+抽選補助券(2枚):3,000円
※抽選補助券は3枚で1回抽選出来ます。
※価格は税込み。
※抽選券は3枚で1回抽選出来ます。

<餃子1皿無料券付きの前売り券>
チケットぴあにて発売中!!
TEL:0570-02-9999(Pコード:990-230)
WEB:http://pia.jp/ (PC、ケータイ共通)
店頭:セブン-イレブン、サークルK・サンクス、ぴあのお店

宇都宮餃子祭り in YOKOHAMAの応援団長でもあるフォーリンデブ はっしー氏と、協同組合宇都宮餃子会の事務局長である鈴木章弘氏による昨年のトークショーの様子。

フォーリンデブ はっしー氏より東カレ読者の皆様にコメントをいただきました!

「いろんな食のイベントがありますが、このイベントは店主がわざわざ宇都宮から来て焼いてくれるというのがポイント!!この時期は宇都宮が横浜に再現されます!

また、東京は餃子ブームが来つつありますが、そんな今だからこそ、本場の味を知ってもらいたいです。グルメな東カレ読者さんだからこそ、焼き、揚げ、水など、いろんな味を試してもらって、好みを見つけてください!」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ