『ユーゴ デノワイエ』のバーガーも!パティが別格の肉屋が放つ本気バーガー特集

時々、無性にハンバーガーが食べたくなるのは、絶対に家で作らない唯一の料理だからではないか?

だからこそ!東京カレンダーではハンバーガーを単なるファーストフードで片づけることはしません!

本日、肉食の東カレ読者のみなさんにお薦めするのは、「肉屋が本気で作った」バーガー。
このラインナップを制覇したら、もうあのチェーンには戻れない!!

さあ、最高に旨いバーガーは東京のどこにある?

牛パテサラミ バーガー¥1,600(ランチセットは2F でも提供)。改良を重ね、美味しさもバージョンアップ!

ユーゴ デノワイエ氏からの信頼も厚い齋田 武シェフ

“パリの精肉店”にもハンバーガーが登場!『ユーゴ デノワイエ』

2015年末にフランスから上陸し、大きな話題を呼んだ『ユーゴ デノワイエ』。精肉やシャルキュトリーの物販も行う1Fのミートバーでは、週替わりでオリジナルのハンバーガーを提供している。

パティは、赤身の旨さが濃厚なフランスのリムーザン牛と熊本の阿蘇あか牛を2:1の割合でブレンド。肉感をより強調するため、上下のバンズの内側にサラミをはさんだ牛パテサラミ バーガーは“精肉店”ならではのアイディアがあふれる逸品だ。

話題店の知る人ぞ知るスペシャルバーガー。ワインとともに味わって、シアワセ気分を満喫しよう。

モルゴン・コート・デュ・ピィ¥9,000。自家製ブーダンノワール りんごのソテー添えなどワインに合うメニューも(夜のみ)

ハンバーガーダブル¥900。パティは注文の度、鉄板に押し潰すように焼くスマッシュという手法で焼いている。バンズは国産小麦を使用。高田馬場「馬場フラット」に特注している。ふわっと軽やかな食感。ハンバーガーシングル¥650

ボリューム満点! なのにいくつでも食べたくなる軽さ『HENRY'S BURGER』

2015年12月のオープン以来、バーガーマニアはもとより肉ラバーからも熱い視線が注がれている同店。それも、あのカリスマ焼肉店『なかはら』の姉妹店と聞けば納得だ。

部位こそ違えど、本店と同じ黒毛和牛A5の処女牛を使っているのだから見逃せない。1個100gのビーフパティはスネ肉を主に数種類の部位をブレンドし、つなぎも一切なし。

ボール状に丸めたパティにゆっくりと圧をかけながら焼いていくため、余分な脂が落ち、旨味も凝縮されるというわけだ。和牛特有の甘やかな芳香はまるでステーキ! バンズとの相性も上々だ。

赤いファサードが目印。アメリカのハンバーガースタンドがコンセプトだ。店名はオーナーの中原さんのミドルネーム

お店で売っているポップなオリジナルのバッヂ¥150(1個)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ