世界の渡部建が銀座で超おすすめしたい名店3軒

やはり銀座はどの店もちょっとお高いイメージがあるかと。

が、しかし! 食ツウたちに言わせれば、「銀座ってチョー使える!」と異口同音。どうやら、銀座は使える街らしい。

銀座は放送局や劇場からも程よい距離なだけに、実際サクッと使っているというグルメ芸人・渡部建さん。いまや芸能界のグルメ王と言われるほどの渡部さんに、我々の知らない「使える銀座」を案内いただいた!

「このハムカツパンは絶品!」

銀座の裏通りにある名店は、ノスタルジックな風情と手軽な贅沢に感動の嵐!

「サイコーですね!」と、思わず笑みをこぼした渡部さん。

「カツのサクサクとパンのしっとり感、食感の違いが楽しめますよ」と早速、挨拶代わりの食レポも頂戴。

彼がまず最初に頰張ったのは、銀座の裏通りに位置するテイクアウト専門の老舗惣菜店『チョウシ屋』のハムカツサンドだ。

「あーやっぱり旨い!でもハムカツサンドだけじゃものたりないなー、続いてコロッケパンも食べたい!」

「ここは、ずっと気になってたお店でした。2年ほど前に差し入れで初めて食べたら超感動。揚げ物単品で買うのもいいですが、おすすめは、食パンで挟んでくれるハムカツサンド。贅沢にダブルで挟むのがワタベ流ですね。さらにコロッケをオカズにして食べるのがタマらない!(笑)」

土地柄もあって収録前のランチとして手早く買って楽屋入りということも少なくないそう。

いつも行列のテイクアウト専門店なのだそう。

「惣菜屋の揚げ物ってノスタルジックだし、銀座にこういう店が残ってるのもなんかうれしい。立ち寄るとほかの人の分までテイクアウトすることもありますね」

“使える”感満載の『チョウシ屋』さん。渡部さんのおかげで早速銀座との距離が近づきそうだ。

「よかったー。普段はすぐに売り切れるけど、今日はセーフでしたね!」

コロッケの元祖を謳う昭和2年生まれの老舗惣菜店『チョウシ屋』

銀座3丁目

昭和通りの一本裏手に位置する年季の入った店構えが目印。昭和2年の創業以来、一貫して惣菜を作り続ける。店の奥にコロッケ(¥160)やハムカツ(¥160)、メンチ(¥170)が並ぶ。プラス¥120でコッペパンか食パンでサンドイッチも可能。売り切れ御免のスタイルなので、昼時は早めを狙うのが吉だ。

こちらが絶品コロッケパン!

「コロッケは、ジャガイモの素材を生かした“ごろっと”感が最高」。ふんわりと弾力のあるコッペパンとの相性も抜群。普段は“オカズ用”として単品購入が多いが、サンドするときはコッペパンがオススメだそう

「ソースは自家製。そこにマスタードがまたアクセントになるんです」とご満悦。家紋が入ったブルーの包み紙は銀座らしく上品な佇まい

店内の壁には温かみのある手書きのメニューが、これまたノスタルジック。サンドイッチスタイルは戦後からはじまったそう

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ