女子会天国はいま東銀座!お洒落でお得な注目のビストロ4軒

席数20席ほどのスペースとなる物件が多い東銀座エリアには、こぢんまりとしたビストロとトラットリアが実に多い。舌の肥えた銀座の客を相手にしつつ店主が多くをまかなう店の料理は、ベーシックを押さえつつキラリとしたセンスが光る。今回はその中から厳選した4軒を紹介する。

ポークのロースト ローズマリーの香り”(¥3,800)は50度と180度の温度のオーブンで火を入れ、最後は豚の脂をかけ焼かれている

まるで生きているような料理はシェフのホスピタリティの表れ『ビストロ シンバ』

温かなサービスと合わせて提供されるのは“シンプルで香りのある料理”。例えば脂身の美味しい栃木・さくら市の豚は、ローストされてからハーブとともに熱々の鉄板で登場する。するとハーブの香りが鉄板上で開き、さらにジュウジュウと音と湯気をたて、食べる前から楽しさが広がる。

「大事にしているのはリアル感」と菊地佑自シェフは言い、確かに写真というより動画を撮りたくなるようなビストロである。

“岩手サヨリ 甘エビ、根菜のサラダ仕立て”(¥1,500)

フランス各地で10年間修業積んだ菊地佑自シェフ

仔羊のすね煮込み(¥3,000)は一度煮込んだ仔羊に最後、香味油をかけて仕上げた一品

残業飯から勝負デートまで幅広く肉好きを満足させる良店『イバイア』

目立たぬ狭い路地沿いにありながら、肉好きたちがこぞって通うオアシスがある。店の戸を開けば、カウンターでステーキを食べる女性のひとり客もいれば、仔羊の煮込みをシェアするカップルなどさまざま。

『マルディグラ』で12年間スーシェフを務めた深味雄二さんが肉に火を入れていると聞けば、肉を楽しむ客が多いのも納得だろう。絶妙な火入れはもちろん、スパイスを巧みに使い肉の旨みを引き出すのもお見事。店の穏やかな空気感も美味しさの秘訣だ。

牛のヒレカツ(¥3,200)は揚げ物なのに衣が極薄でヘルシー。油で煮るように揚げているのでジューシーかつ柔らかい!

セルフィーユやディルなど埼玉の自家農園で作った野菜によるサラダ(¥1,080)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ