サトータケシと編集部員 船山の"CAR GENTSへの道" Vol.5

クルマ音痴調教講座:幽霊の名前を車名にしたものも?!車の名前の由来っておもしろい!

クルマ音痴をなんとかして自動車の世界へ誘う本企画!
自動車を得意とするベテランライター・サトータケシが、全日本クルマ音痴代表の編集員船山に、わかりやすくクルマの魅力を解説します。

今回のテーマは、「クルマの名前って不思議なの多いよね? 由来が知りたい!」。
ということで、様々な車の由来をご紹介。幽霊や闘牛の名前を車名にしたものも?!

MINI John Cooper Works

船山「僕もいつか車名に名を冠したい!」

サトー「車名を紐解くと面白いストーリーがある」

■サトータケシ
1966年生まれのフリーランスのエディター/ライター。グルメや旅から硬派なインタビューまで幅広く手がけるが、なかでもクルマが得意分野。6月にはタイ東北部へ取材に出かけ、カンボジアとの国境を走り回った。

■編集部員 船山
長野県の黒姫高原で行われたトレランのレースに参加(トレラン自体、初)。183名出場で人生初のビリを経験。3回足をつってのたうち回っていたときに抜かれたらしい。明確な順位がつかない大人社会。露骨に順位が出る残酷さを知る。

昔々、あるところに、クーパーさんがいました

船山:以前に新型車発表会で見てきたクルマがカッコよかったんですよ。おしゃれでかわいいデザインなのに、メッチャ速いらしいんです。

サトー:へぇ、なんていうクルマ?

船山:ええと……、名前が長くて覚えられないんすよね~(iPhoneを取り出して検索を始める)。あった、あった、これです。MINIジョン・クーパー・ワークス。

【サトー's RECOMMEND】MINI John Cooper Works。MINIの高性能版。231psの2ℓターボエンジンを搭載、足まわりもスポーツサスペンションと高性能ブレーキで武装して、ブッ飛ぶ。MTが¥4,600,000、ATが¥4,770,000

サトー:おっ、いいところに目を付けたね。おしゃれピーポーと自動車マニアの両方にウケる、数少ないモデルだ。

船山:で、MINIはわかるんですけど、ジョン・クーパー・ワークスってどういう意味なんでしょう?

サトー:それ聞いちゃう? ちょっと長い話になるよ。

船山:(やべっ、ウンチクの地雷を踏んでしまった……)あのう、この後に新代田にオープンした新しいパキスタン料理屋の取材が入っているんで、手短にお願いできないでしょうか。

サトー:わかった。あのね、1960年代にジョン・クーパーさんというおじさんがレーシングチームを持っていて、F1で大活躍してたんだ。そのクーパーさんがMINIのポテンシャルに目を付けてチューニングして、60年代のラリーで大活躍したわけ。

船山:なるほど、それがMINIクーパーってわけですね。

サトー:そそそ。で、クーパーさんのモータースポーツに懸ける情熱をいまに蘇らせたのがMINIジョン・クーパー・ワークスということ。

【サトータケシと編集部員 船山の"CAR GENTSへの道"】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ