銀座でがっつり肉を食いたきゃここ!永久保存版・銀座肉丼MAP

美食の街として知られる銀座エリア。それは“肉丼”に限っても、こんなに底が深いのか!と言わんばかりの充実っぷり。老舗から高級ステーキ店、あの名物丼ぶり、などなど。編集部・船山が徹底調査!

銀座でがっつり肉丼食いたきゃ、ココに行け!

銀座エリア 肉丼マップ

焼鳥5本丼

①『伊勢廣 銀座店』の“焼鳥5本丼”

銀座8丁目

~老舗焼き鳥店の人気串がド〜ンと乗ったランチ限定丼~

京橋に本店を構える老舗焼き鳥店。ランチ限定の「焼鳥5本丼(¥1,550)」は、葱巻や団子などの人気串を丼に敷きつめた目にも愉しい逸品。鶏肉は産地を限定せず、その日一番美味しいものを毎朝仕入れて本店でおろし、それを熟練の職人が丁寧に焼き上げる伝統を守る。

プリッとした食感、噛むほどに増す肉の旨み、姥目樫備長炭で焼く香ばしさは、シンプルだけど真似できない老舗のなせる味。極上の焼き鳥を白米と一緒に食らう幸せに溺れてほしい。

スペシャルカツ丼

②『梅林』の“スペシャルカツ丼”

銀座7丁目

~最後のひと口まで飽きない 老若男女を虜にするカツ丼~

「カツ丼は気取って食べるもんじゃない」とは店長の小森さん。

昭和2年に誕生した銀座初のとんかつ専門店『梅林』の代名詞的存在といえば、この「スペシャルカツ丼(¥2,000)」だ。タレはかつお出汁ではなく、豚肉のスジと玉ねぎから取った出汁で作る関東風の甘め仕立て。

卵でとじたヒレカツに、さらに半熟卵を絡めていただけば、至極のハーモニーが口いっぱいに広がる。甘く優しい味わいはどこか懐かしく、最後まで飽きずにいただける。

親子丼

③『ばぁーどはうす○勝』の“親子丼”

銀座4丁目

~これを食べるためだけに銀座を訪れる価値あり!~

名古屋コーチンの中でも最高級の、稲垣種鶏場の純系名古屋コーチンを扱う鉄板地鶏店。とろっとろの半熟卵をすくってほお張ると、ムチっとした弾力の鶏肉から肉汁が溢れ出す。

ジューシーで力強い旨みの鶏肉にまとうのは、鶏ガラベースの割下で味つけした濃厚な奥久慈卵。鶏のコクと旨みを凝縮させた「親子丼(ランチ¥1,300)」は、毎日限定数のみの提供のため、早めの訪問がおすすめ。銀座を訪れたら食べずにはいられない。

ステーキ丼

④『銀熊茶寮』の“ステーキ丼”

銀座6丁目

~入手困難な希少部位をオンザライスで堪能!~

「ステーキ丼(¥2,000)」の肉は、黒毛和牛の肩芯という希少部位。口溶けのよい脂の甘さが特徴で、銀座茶寮特製のソースとの相性が絶妙。職人技の光る肉の火入れによって、厚めに切ったステーキから溢れ出る肉の旨みを余すことなく味わえる。

ステーキ丼

⑤『松永牧場銀座本店』の“ステーキ丼”

銀座2丁目

~A5ランクの島根和牛を丼ぶりでがっつり!~

島根県にある松永牧場から、A5・A4ランクの島根和牛を一頭買いして提供する焼肉割烹店。ランチ限定のステーキ丼¥1,500は、脂がたっぷり乗った柔らかい肉質のソトバラ肉を使用。ジューシーなステーキをワサビで、はたまた3 種の塩で堪能して。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ