「ここぞのデート」の切り札に!お洒落焼肉&ワインで攻める店3選

「デートに行くなら焼肉がいい!」なんていう女性もここのところ多い。というのも昨今の焼肉店はより「お洒落」で「入りやすい雰囲気」にさま変わりしているからだ。

そして最大のポイントは「ワインの品揃え」。一昔前の焼肉店とは違い、いまや焼肉とワインを楽しむのは定番で、こと女性の支持は高いだろう。

そこで「今夜はきめる!」なんて日に行きたい、とっておきの「ワインが美味しい焼肉店」をお伝えしよう。

熟成KINTAN(¥1,980)×「ラ・ジェルラロッソ・ディ・モンタルチーノ」(¥5,800)

イタリアワイン×焼肉で勝負デートも陽気に!?『代官山焼肉 kintan』

カルパッチョ的ひと皿にオリーブの木皿にのった肉、そしてイタリアワイン。ぱっと見イタリアンのようで、ここは正真正銘、焼肉店だ。

『KINTAN』のプレゼンテーションは、従来の焼肉の固定概念を覆すものばかり。それらはただ個性的なだけではなく、“より美味しく、より楽しく”を目指した結果である。

例えばイタリアワインを充実させている理由を鳴坂竜一社長はこう語る。

日本一のサーロイン・ユッケのハーフ&ハーフ(¥2,280)×「レ・クレーテ シャルドネ キュヴェ ポワ ヴァッレ ダオスタ」(¥14,800)

「イタリア料理と焼肉には、シンプルでいてパワーは強いという共通した特徴があります。肉やチーズを多用するイタリア料理に合わせて作られたワインには、それらの旨みに引けをとらないブレない魅力があって、かつ素材の味を消しはしない。焼肉と相性がいいものが多いんです」

飛騨牛のハラミにエチケットに牛が描かれた“肉のために作られたワイン”を飲めば、それがどういうことか体感するはず。

旨い肉とワイン、そして陽気な空気感。まさにイタリアのいい所をなぞる焼肉店である。

飛騨牛のハラミ(¥2,480)×「ウンガノ ペスチュム アリアニコ」(¥6,800)

まさに女性好みのお洒落な内観!これならデートもうまくいく!

『KINTAN』のワインは“本当に焼肉と合う、個性的で美味しいワイン”を基準にラインナップ。月に300本のボトルを売ったこともあるワインエキスパートの鎌田栄道さん

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ