崖っぷちアラサー奮闘記 written by 内埜さくら Vol.12

崖っぷちアラサー奮闘記:どん底涼子の前に現れた紳士は「救い」か「罠」か

前回までのあらすじ

北岡涼子、30歳、元女優。社会人経験なし、資格なし、貯金なし。芸能界で活躍したが、徐々に干されて今に至る。就職活動をしようにも、「綺麗」以外の特性がないため続々と不採用通知を受け取る。

そんななか大先輩の小田につれられて足を踏み入れた、銀座の超高級クラブ『銀華』の由紀ママにひょんなことから店にスカウトされ、夜蝶デビューを果たす。

だが、女ふたりの陰謀に気づくことなく涼子は新たな男性との出会いによって仕事を奮起するようになるが、事はそう簡単には順調に進まず……!?


第11話:崖っぷちアラサー奮闘記:元彼との復縁を阻む腹黒女2人の陰謀……!

急な会合に参加するため同伴できなくなった藤代の代わりに今夜初めて『銀華』へ訪れたのは、片桐章介という男であった。交換した名刺には「片桐コーポレーション 代表取締役」と記載してあり、涼子はその社名に記憶があった。

――確かWebサービスで全国1、2位を争う集客力を誇る不動産会社だわ。......


【崖っぷちアラサー奮闘記 written by 内埜さくら】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo