駅から10分平日チョイ飲みグルメ Vol.6

今夜の店選びに!帰宅に便利な新宿駅から10分で行けるチョイ飲みグルメ7選

新宿エリアはチェーン店ばかりで美味しいお店がない!こう思う人は少なくないだろう。でも乗り換えが便利だし、飲み会のときでも中間地点として選びやすい。

平日の帰り道に飲むために「新宿」でいい店があればなー、というあなたへ!今夜でも行ける新宿チョイ飲みグルメをご紹介しよう!

美容豚なでしこポークの塊!絶妙な焼き加減による断面はキレイなピンク色!

なでしこポークの塊グリルでガツンとパワーチャージ!『TOKYO KITCHEN』

新宿

平日の帰り道、新宿駅から歩いてすぐの場所に、がっつりパワーチャージできる店がある。

ここ『TOKYO KITCHEN』の特長は、30種類以上の厳選したハーブとスパイスを使って漬け込んだ料理だ。ハーブとスパイスにより素材の旨味を引き出すだけでなく、「疲れた時に」「綺麗になりたい時」などの文字がメニューに並ぶ。その日の気分で選ぼう!

さて、まずは人気メニュー「千葉県産なでしこポークのグリル」から。なでしこポークとは、オリーブオイルの主成分である「オレイン酸」を多く含有する、美容と健康にこだわった豚肉だ。

その塊肉を、タイム、セージ、ガーリック、シナモンのハーブに漬け込み、低温調理で仕上げたのがこのメニューだ。ナイフでカットしたなでしこポークの断面はキレイなピンク色だ。

大人の雰囲気を楽しむことができる店内

アクセスは新宿三丁目駅から徒歩2分、新宿駅からでも徒歩7分ほどのビル7Fに構える立地の良さ。店内はシンプルモダンニューヨークをテーマとしており、大きく開放的な窓とあわせて大人の雰囲気を楽しむことができる広々とした空間となっている。

テーブル席から離れるとゆったりしたカウンター席もあり、オープンキッチンを眺めることができる特等席だ。

塊肉を豪快に焼き上げる様子は迫力満点!一人でもみんなとでも、仕事帰りにふらっとパワーチャージに寄るにはもってこいなのだ。

カジキのテリーヌと茸のソテー 香草バターソース。バターのコクと茸の香りが豊か。さまざまなワインとの相性が楽しめる。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

ワイン好きの彼女も間違いなく満足できる『MARUGO Ⅴ(マルゴ ファイブ)』

新宿

マルゴグループといえば新宿三丁目をはじめ新宿エリアのチョイ飲み文化をけん引してきた救世主だ。

この『マルゴ ファイブ』は、JR新宿駅近く、紀伊國屋書店のすぐ裏。買い物客等でも賑わうエリアとあって、開店は昼の12時。カフェユースも可能な終日営業で、ワインバーの新境地を開く。

フランス産を中心に約800本を揃え、18種をグラスで提供。ボトルは5000円前後が豊富だが、愛好家垂涎の銘醸品ももちろん揃う。

空瓶を使った照明やボトルホルダー付きのテーブルなど、空間全体で「さぁ、ワインを!」という雰囲気はベースとなる『MARUGO』同様。

イタリアンを軸に、旬のもの、ワインに合うものを気取りなく盛り付けた料理もいい。つい足が向くのはこんな店だ。

【駅から10分平日チョイ飲みグルメ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo