東京婚活事情 Vol.7

“友達で敵”であるフレネミーな二人。頭の良い女と顔の良い女の婚活戦線の攻防

“フレネミー”という言葉を聞いたことがあるだろうか?

フレンド(友)とエネミー(敵)を組み合わせた造語で、友人を装った敵という意味である。

親友に恋人を盗られた、仕事を盗られた、裏で悪評を広められていた。これは特に女にとって、幼少時から友人を作るにあたって必要悪と言えるほど、誰しもが記憶を辿ればそんな存在に心当たりがあるのではないだろうか。

ことに結婚願望が芽生え始めた20代後半の東京の女たちにとって、親友同士だったはずの関係がいつの間にか敵同士、競争相手になっている光景はよく目にする。

<今週の東京婚活女子>
頭が良い女:理美27歳
職業:大手IT企業の営業職
年収:約500万円
出身:都内
出身大学:慶応
住まい:都内実家
交際ステータス:独身恋人なし
好きな有名人:谷原章介

顔が良い女:真理子27歳
職業:モデル
年収:約300万円
出身:都内
出身大学:都内女子大
住まい:都内実家
交際ステータス:独身恋人なし
好きな有名人:ブルーノ・マーズ


「真理ちゃんは本当に美人で、昔からどこへ行っても目立ってました。おかげで楽しい思いもたくさんできたし、有名人なんですよ。」

ハキハキとした口調で、自慢気な笑顔を浮かべながら親友を紹介する理美。

「ちょっとやめてよ。理美こそ、顔が広くてどこいっても人気者なんですよ。頭も良いし、しっかりしてて頼りになるんです。」

反論するように親友を褒め返す真理子。理美の言う通り、ハーフタレントのような一般人離れした美しい顔をしている。

二人はお嬢様校として有名な都内の高校で出会い、もう10年近く友情が続いているという。出席番号が前後でたまたまお互い実家も近く、そこそこ裕福な家庭環境で育ったことで共通点も多く、すぐに仲良くなったという。

褒め合う二人は何でも話せる親友だと言い合うが、その空気は少し無理に仲良しを演じているような、最初からわずかな違和感があった。というのも、二人は同じ種類の女では全くないからだ。

高校が同じとはいえ、理美は受験に失敗し滑り止めであるこの女子高に入学したが、大学は再度受験し慶応に入学、今は大手IT企業に就職した。艶々とカールしたショートボブが印象的な今どきの女ではあるが、顔はどちらかと言うと地味で目立つタイプではない。ただ、知的さと愛嬌を持ち合わせた性格と上手なメイクのおかげで、理美単体で見れば可愛らしい女に見えなくもない。

一方、真理子はとにかく美しい外見をしている。高校時代からその美貌は有名だったようで、当時からモデル事務所に所属していた。高校卒業後は同じ大学に進学し、大学卒業後はモデル活動一本の生活。大学時代は雑誌の専属モデルで表紙を飾ったこともあったが、今は一線を退き広告やブランドモデルなどを引き受けている。それでもそれなりの生計は立てられるという。

一見、二人はなぜ長いこと友情が続いているのか分からないほど違うタイプの女だが、理美は世話好きでリーダーシップを取るような性格、そして真理子はその後ろからホイホイとついていくのに抵抗のない性格をしており、また趣味なども合い、単に相性が良いようだった。

コミュニケーション能力が高く人脈も広い理美は、昔から真理子を多くの場所に連れ出し自慢するのが好きだった。勉強に興味のない真理子のテストや宿題の手伝いなどもよくしていたと言う。そして人見知りの真理子も、理美といることによって魅力を発揮しどこへ行っても楽しい時間が過ごせていたらしい。そんな二人をまるでタレントとそのマネージャーのようだったという同級生もいる。

【東京婚活事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ