TBS&博報堂社員に聞いた、赤坂でリアルに通う名店8選

赤坂には博報堂、TBSという日本を代表する広告会社、テレビ局が存在している。メディアという職業上、食の情報量も多い彼らが普段通っている店であればきっと旨いに違いない。

そこで、博報堂とTBSの社員に、赤坂周辺の美食&癒しスポット聞いてみた。はたして彼らが普段リアルに通っている店とは?!

特上みすじ¥2,480(一人前)は職人の技によって、最もおいしい形でカットされている

博報堂&TBS社員がリアルに通う店①
『みすじ』

あの『よろにく』の系列店。出身の料理人による焼肉店。店名でもある“みすじ”が名物でファンも多い。

「赤坂で一番人気の高級焼肉店です。プロジェクトのご褒美打ち上げで初めて行きましたが、これをまた食べられるのなら仕事を頑張ろうと思いました(笑)」(32歳・博報堂)

北海道から直送!幻の特大ほっけ ©2008 sakadachitanuki

博報堂&TBS社員がリアルに通う店②
『逆立ち狸』

会員制の店ではあるけれど、会員から予約を入れることで初見でも利用可能となる。料理は食材をいかしたさまざまな和洋食。

「質素な雰囲気でいて、一度食べてみればこだわり満載ですぐにファンになります。他ではなかなか食べられない特大のホッケが絶品です」(40歳・博報堂)

コースも用意。写真はイメージ ©2010 ITO YA CORPORATION

博報堂&TBS社員がリアルに通う店③
『鮨処いとう』

隠れ家的な雰囲気も好まれる、赤坂の業界人御用達の老舗鮨店。

「落ち着いた雰囲気の鮨屋で離れもあるのでシーンごとに使い分けできます。ランチのにぎりは¥2,000と手頃なので、チカラ飯として重宝しています。出張にぎりもあるのでいつか試してみたい!」(35歳・TBS)

元祖榮林酸辣湯麺 ©AKASAKA EIRIN Co., Ltd

博報堂&TBS社員がリアルに通う店④
『榮林(えいりん)』

赤坂に50 年以上の歴史をもつ名店。

「もう何年もここの“元祖榮林酸辣湯麺”(すーらーたんめん)を食べています。爽やかな酸味があって、食べると気持ちがシャキッとします。とびきりのご褒美にはここのふかひれですね」(38 歳・博報堂)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ