ボリューム肉×白飯の最強飯テロ「肉丼」5選

数々の丼がこの世にあれど、やっぱり肉×白飯の「肉丼」は、見ると食べたくなってしまう最強の飯テロメニューだ。

最近の肉丼ブームを受け、ローストビーフやレアステーキを使ったものなど、個性豊かな顔ぶれがそろってきている。昨年末の新規オープン店から超有名店まで、いま肉丼好きが押さえておくべきボリューム満点の店を“ドドン”とご覧あれ!

タレの染みたローストビーフがご飯を包む、ドーム型肉丼。『the 肉丼の店』のレアローストビーフ丼(並/¥850)

新店!柔らかレアローストビーフにコチュジャン醤油ダレが効く 『the 肉丼の店』

2015年末にオープンした丼専門の新店。看板メニューは並、大、メガと3サイズそろう「レアローストビーフ丼」だ。

3日間かけて丁寧に味を入れた柔らかローストビーフ100g(並)が、ドームさながらご飯を包むように折り重なる。ねっとりした赤身肉とニンニクを効かせたピリ辛の醤油ベースダレが抜群のコンビネーションを見せる傍らで、隠し味のコチュジャンもキラリと光る。

良きタイミングで肉山に鎮座する黄味を崩せばまろやかさが加わり、さらに複合的な旨さに昇華する。

ご飯のみならず丼までレアステーキが覆い隠す「がぶ丼(肉180g)」1,400円

この店で食わずして肉丼は語れない! 『くいしんぼう がぶ』

ボリューム系肉丼界の大御所として知られる『くいしんぼう がぶ』には、今日も開店前から行列ができる。客の9割が注文する「がぶ丼」は、薄切りレアステーキが丼の上で花のごとく咲き乱れる、創業当時からの看板メニューだ。

牛1頭から少量しか取れない希少部位を、柔らかさが損なわれぬよう丹念に火入れする。ムチムチと口の中で踊るような食感に、最後のひと切れまで飽きが来ない。甘め仕上げのあっさり醤油ダレと黒胡椒の脇役コンビが食べ手の食欲に拍車をかける。

内側から円を描きながら豚バラ肉が盛り付けられる圧倒的迫力感。『豚大学』の豚丼(大/¥810)

醤油ダレと豚バラのガチンコ勝負! 『豚大学 神保町校舎』

一度食べれば胃袋を掴まれ病みつきになる客が多いという「豚丼」。多い日には200杯出ることも。

厚みのある豚肉がバラの花のように盛りつけられ、一筋縄では攻略できなさそうな迫力満点のビジュアル。しかし、肉表面のカリッと香ばしい食感と醤油ベースの甘辛いタレが相乗効果を生み、いとも簡単に肉とご飯の無限ループへ誘われるだろう。

醤油ダレと豚バラのガチンコ飯。野性本能に従い、最後の米ひと粒まで平らげよ!

しゃぶトロユッケ丼880円

脳天直撃のユッケ飯! 『焼肉 乙ちゃん』

『焼肉 乙ちゃん』の人気の理由は、なんといっても食肉仲卸業者直営店だからこそできる圧倒的なコストパフォーマンス。たっぷりとサシの入った国産和牛の希少部位を信じられない価格で供する。

是が非でも食べて欲しいのが「しゃぶトロユッケ丼」だ。脂の乗った肉を絶妙に湯通しし、ごはんが見えないほど贅沢に投入。とろけるような肉の旨味に卵と甘辛いタレと絡めて掻き込めば、脳天を直撃するほどの旨さ!思わず感嘆の声があがること間違いなし。そして、お値段はまさかの880円。破格の感動がそこにある。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ