ボリューム肉×白飯の黄金タッグ!都内最強の「肉丼」4選

数々の丼がこの世にあれど、やっぱり肉×白飯の「肉丼」は、見ると食べたくなってしまう最強の飯テロメニューだ。

肉丼ブームを受け、ローストビーフやレアステーキを使ったものなど、個性豊かな顔ぶれがそろってきている。ここ数年の新規オープン店から超有名店まで、いま肉丼好きが押さえておくべきボリューム満点の店を“ドドン”とご覧あれ!

タレの染みたローストビーフがご飯を包む、ドーム型肉丼。『the 肉丼の店』のレアローストビーフ丼(並/¥850)

柔らかレアローストビーフにコチュジャン醤油ダレが効く『the 肉丼の店』

蒲田

2015年末にオープンした丼専門のお店。看板メニューは並、大、メガと3サイズそろう「レアローストビーフ丼」だ。

3日間かけて丁寧に味を入れた柔らかローストビーフ100g(並)が、ドームさながらご飯を包むように折り重なる。ねっとりした赤身肉とニンニクを効かせたピリ辛の醤油ベースダレが抜群のコンビネーションを見せる傍らで、隠し味のコチュジャンもキラリと光る。

良きタイミングで肉山に鎮座する黄味を崩せばまろやかさが加わり、さらに複合的な旨さに昇華する。

ご飯のみならず丼までレアステーキが覆い隠す「がぶ丼(肉180g)」1,400円

この店で食わずして肉丼は語れない!『くいしんぼう がぶ』

武蔵小山

ボリューム系肉丼界の大御所として知られる『くいしんぼう がぶ』には、今日も開店前から行列ができる。客の9割が注文する「がぶ丼」は、薄切りレアステーキが丼の上で花のごとく咲き乱れる、創業当時からの看板メニューだ。

牛1頭から少量しか取れない希少部位を、柔らかさが損なわれぬよう丹念に火入れする。ムチムチと口の中で踊るような食感に、最後のひと切れまで飽きが来ない。甘め仕上げのあっさり醤油ダレと黒胡椒の脇役コンビが食べ手の食欲に拍車をかける。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo