婚外恋愛 Vol.13

婚外恋愛:近くて遠い存在。行き止まりの先にあるものは・・・

前回までのあらすじ

34歳、既婚者の“私”が、妻子持ちの結城と恋愛関係に発展し1年経った頃。結城のひとり息子に対する愛情表現が手料理であることから、彼の過去や出生のルーツを知る事になる。

ある日、その手料理を食べたいと懇願した”私“。結城と共に食材を買い出しに行くが、いつか終わりがくる関係性に複雑な思いを抱いていた。

第11話:雨降る夜。同じ傘の下で、買い物袋を持ちながら結城と歩く。

オリーブの木を買った。小豆島のオリーブ農家から取り寄せたレッチーノという品種。さほど世話をしなくても、いや、正しくは、少し放っておいてあげるくらいが“ちょうどよい愛情のかけかた”なのだと言う。

暫くの間、翳んだような緑色の葉をつけるその木を見つめているうちに、気が付いた時には、この......


【婚外恋愛】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo