都内一流ホテルのポテト9番勝負!ポテトはここまで旨くなる!

居酒屋の定番メニューにして皆大好きな、お酒の最大のおつまみ"フライドポテト"。どこでオーダーしても大体一緒で、ハズレがないことから安定した美味しさを誇る。

がしかし、一流ホテルともなればもとは同じジャガイモであっても、その個性はさまざま。実はポテトはホテルの個性をさり気に表しているのである。味付けや形はもちろん、ポテトをのせる器もこれだけ違う。自分のお気に入りのポテトを見つけ、揚げたてをつまみに行こう!

真夜中でも食べられるワザありポテト

グランド ハイアット 東京

最初に低温、次に高温で揚げる2度揚げ式。小ぶりのポテトは皮付きで、ケイジャンパウダーがふられている。サイドにサワークリームとチリソース付き。欲張って一度に両方つけてしまうのもあり。ルームサービスで出されるもので、24 時間オーダー可。¥1,500(税サ別)

問い合わせ:03-4333-1234

ポテトをこれでもかというほどトリュフ攻め!『 グランド キッチン』

パレスホテル東京

トリュフオイルで香りをつけ、トリュフ塩を添え、さらにスライスしたトリュフもトッピングした贅沢な一品。ポテトでお腹がいっぱいになりすぎないように、量はおさえめ。あくまでお酒のおつまみというスタンスだとか。¥1,400(サ別)

揚げているのは鴨の脂!『ニューヨーク バー』

パーク ハイアット 東京

日本の男爵いもによるフライドポテトは、ホームメイドアメリカンソースをつけて食べるスタイル。鴨の脂で揚げたサクサク食感がクセになる。テーブルの上で場所をとらないスタンドもお洒落だ。¥1,400(税サ別)

枡入りポテトは外国人ウケが抜群!『Peter/バー』

ザ・ペニンシュラ東京

その名も“Peter スタイルフライドポテト”は枡に入っておりインパクト抜群。味はケイジャンまたはガーリックソルトから選べる。細め、味もしっかりめで、ついついカクテルが進む。軽食のサイドディッシュとしても最適。¥1,300(サ別)

ホテルの顔のラウンジではサイドメニューも抜かりなし

ザ・リッツカールトン・東京

クラブサンドイッチなどのサイドメニューとして出しているポテトフライ。ところどころに皮を残し、カリカリに揚げている。ラウンジではお酒を飲むゲストも多いため、味つけは少し濃いめ。ルームサービスでもこれと同じものを出している。

問い合わせ:03-3423-8000

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ