金曜美女劇場 Vol.18

日本一飲み姿がカワイイ! 中村静香が思わずOKするデートの誘いとは?

いま、一緒に飲みたい女性タレントのナンバー1と言えば、多くの方が中村静香さんの名前を挙げるだろう。某テレビ番組の「アイドル飲み姿カワイイGP」で4連覇を果たした時の桃色のオーラは、とてつもない破壊力を秘めていた。

では、静香さんのような女性と飲みに行くために、男性は何をすればいいのだろうか。あわせて、飲みに誘われた女性が気を付けるべきおポイントもアドバイス!!

女性同士では行きにくいお店だとつい誘いに乗っちゃいます
中村静香/タレント

● 「何が食べたい?」は絶対にNG

審判がホイッスルを吹かなければサッカーの試合が始まらないように、男性が女性を誘わなければ何も起こらない。ここで男性は、どんな言葉で静香さんを飲みに誘うべきか。

「素直にうなずけるのは、“気になる店があるんだけど一緒に行かない?”とか、“この季節、あれを食べたいんだけどどうですか?”というような、提案型のお誘いですね」

反対に、NGなのは?

「う〜ん、“何が食べたい?”的なお誘いだと、こっちも困ってしまいますね。やっぱり、最初は男性に引っ張っていただきたいです」

お店やロケーションの選び方についても、静香さんから貴重なアドバイスをいただいた。

「女子会でも行けるようなお店や場所ではなくて、非日常が味わえるようなシチュエーションが好ましいと思います。でも、別に高いお店というわけではないんです。女性同士だと入りにくい、こだわりのお店とか」

●デザート軽視はチャンスを逃す

そこで今回は、麻布十番の名店、『居酒屋 ふぐ武』にご案内した。キラーコンテンツは、ふぐ。

「いまの時期、ふぐを食べたいんですけど、いかがですか?」。

静香さん、これでどうですか?

「100点満点です。まず、私は渋谷とか表参道で飲むことが多いので、麻布十番は未開の地。新しい世界を知ることができる期待感がふくらみます。もうひとつ、ふぐも気分が超アガりますね」

テーブルに着くと、静香さんはまずレモンサワーをオーダー。

「居酒屋さんなら最初はレモンサワーかビールで、次は気分で日本酒か焼酎。でも今日は寒いので、お燗をいただきたいです」

いや〜、こんなにおいしそうにお酒を飲み、肴を食べていただくと、誘った側としてはホントに嬉しい。あっという間に徳利は3本目、徐々に終盤戦へ――。

「もしデザートがあったら、私は必ず食べるタイプですね。だからスイーツに付き合ってくれる男性は好印象です。甘い物が苦手という男性も多いでしょうが、食後酒などでお付き合いいただけるとポイント高しです」

家に帰るまでが遠足であるように、デザートを食べるまでが飲みデートなのだ。そして光陰矢のごとく時間は過ぎて、お会計。ここで静香さんから、女子にアドバイス。

【金曜美女劇場】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ