世界の肉ラヴァーを虜にしたシンガポール逆輸入のあの矢澤を知ってる?

空前の日本食ブームで盛り上がるシンガポール!先日も農水大臣が、日本食PRをしたほどの力の入れようだ。
そんなシンガポールで先陣を切って大々的な人気を集めた『焼肉 矢澤』が、満を持して日本進出!そう逆輸入ブランドといわけだ。

焼肉=Japanese BBQ スタイリッシュなオープンキッチンが逆輸入ブランドを感じさせる。

シンガポールの人気焼肉店が日本、そして欧米へ進出!

“予約の取れない店”は当然ながら、世界中にあるわけで、そう聞くと行ってみたい……と思うのが人情。そんな店のひとつで、シンガポールにおいて“黒毛和牛のパイオニア”となった『焼肉 矢澤』が、東京・八重洲に上陸を果たしてからもうすぐ2年が経とうとしている!

が、それにしても“ヤザワ”!? はて、どこかで聞き覚えが……と思った貴方はするどい!なかなかの肉業界通ですな。『ミート矢澤』などを手がけるヤザワミートによる“逆輸入”店である。

東京のお店を皮切りに、2014年12月にはイタリア・ミラノ、2015年10月にはアメリカ・ビバリーヒルズにも出店を果たし、現地でも人気を博しているもようた。そういえば、『いきなり!ステーキ』もニューヨークに進出という。“日本式肉料理”が世界を席巻する日も遠くない!?

さっそく『焼肉 矢澤』の人気を探ってみよう!

本日の稀少部位(時価)

本日の希少部位は絶対に外したくない!

肉はすべて熟練の職人がみずからの目で厳選した、黒毛和牛のA5ランクのみを使用する。両面を数秒炙ってから、とろろと卵の黄身に出汁を加えた矢澤名物のオリジナルタレでいただく。

タレと肉が絶妙に絡んで、今までにない焼肉を体感できてしまう悦び!

とろけるような口触りの「肉寿司」

人気の肉寿司は、コース内の逸品

『焼肉矢澤』が自信を持って提供する、人気の”低糖質コース”に登場する「肉寿司」。

これは〆のご飯ではなく、コース途中ででてくるアクセントの肉寿司!薄切りのサーロインと、青森のお米「まっしぐら」が抜群の相性。口に入れた瞬間にとろけていくのだ。これぞヤザワミートの新鮮なお肉だからこそ成せる業!

左が上ハラミ、右が上タン。ヤザワミートが仕入れる極上の和牛を堪能できる

「王道メニュー」でお店の自慢の味を堪能せよ

上タン、上ハラミは王道メニュー!厚切りのタンはレアで召し上がれ。プリンとした食感で、タンラバーにはたまらない一品だ。
ハラミはワイルドな個性を放つ味わいだ。少しずつ楽しみながら、どれを追加しよっかなぁとアレコレ頭で想像してしまう…。
まったく、罪作りな美味しさだ!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ