12/25開店!恵比寿駅1分の『中目黒いぐち』新店は単品OKな大人の秘密基地

東京カレンダーでもおなじみ!あの予約が取れない『中目黒いぐち』が、新店を恵比寿一丁目に本日開店させた。
いぐちの代名詞的”ピンチョス焼鳥”と”肉寿司”をアラカルト形式で愉しめる、その名も『中目黒いぐち PIN(ピン)』。
そして、な・ん・と今ならまだ、本日含め年内予約OKの奇跡!! 焼鳥ファンにはたまらない、クリスマスプレゼントとなりそうだ♪

お店は恵比寿駅から1分。恵比寿横丁のすぐ近くのビルを2階まで階段を上り、看板も、何もない鉄扉のドアを開け中へ入るとそこには、“いぐち史上最高の大人の秘密基地” 焼鳥バルが貴方を待ち受ける...。

今回のお店は、焼鳥バル風な空間演出がなされている。

お客のリクエストに応じた”アラカルトOK”の新形態

『中目黒いぐち』といえば”ピンチョススタイル”の焼鳥で、「少しずつの量をいっぱい味わいたい」という欲張りさんを中心に支持を受けてきたお店。お店厳選の多種多様な焼鳥をコースで提供するスタイルを確立したお店だが、「コースではなく単品で食べたい!」というゲストの声も多く寄せられていたが、この度ついに開店する運びとなった!!

店内カウンター。いぐちを象徴する「五葉松」が鎮座。

大人がカジュアルに愉しめる空間づくりを徹底!

内装デザインは『中目黒いぐち』シリーズすべてを手掛けているJET SETTERが担当。いぐち名物の「五葉松」は、白木カウンターに鎮座させられ、存在感充分!
また個室を廃止し、すべての仕切りを無くした焼鳥バル仕様にし、BGMも初めて採用し、よりカジュアルながら居心地いい空間を演出している。
テーマは、シンガポール・クラブストリートのような雑多な人種が入り交ざるイメージの再現。いい意味で、今までの『いぐち』のイメージを払しょくしたスタイルとなっている。

ピンチョススタイルの「ももやき」

おさらいの意味も含めて”ピンチョススタイル”が評価されている理由をご紹介しよう。
通常の焼き鳥は、串に刺しているため、デートでおすまししている場面でも、串にかぶりつくor串から肉を外すといった行為が発生する。(※注:これはこれで、「ザ・焼き鳥!」という雰囲気で、筆者個人的には嫌いではない!)
多くの女性客は、この串から外す行為を取り払ったいぐち流スタイルが、大好評を得たのである。もちろん絶品な味わいは、言わずもがなだ。

メニューの一部をご紹介!

「さび焼き」

「手羽先」

「ハツ」

とり鮨

牛鮨

名物メニューもずらりと勢揃い!

さて加えて今回は『中目黒いぐち』名物メニューの「フォアグラコロッケ」、「レバーパテ」、「8時間煮込んだ贅沢のスープ」を、単品として初提供!また、〆のメニューには肉寿司もいただける!鳥鮨、牛鮨と『いぐち』ならではの美味しさを追求している。

■『中目黒いぐち』について

2012年8月10日(焼鳥の日)に中目黒に1号店をオープンし、“ピンチョススタイルで少しづつ出す”という新しい焼鳥スタイルを確立し、連日満席の人気店に。女性・芸能人・著名人が多く集うお店でもある。本店だけでなくシリーズ全店が、数週間先まで予約が埋まっているという。

2014年4月にオープンした2号店の恵比寿店では、既存の「焼鳥コース(4,800円)」に加え、6,800円の「牛肉コース」をさらに用意。同年11月にオープンした3号店麻布十番店、そして2015年9月4日、4号店となる新業態の串揚げ・天麩羅『中目黒いぐち 上ル』が恵比寿にオープン。

■新店概要

店名:『中目黒いぐち PIN』
オープン日:2015/12/25(金)
住所:渋谷区恵比寿1-1-5 2F
TEL:03-6432-5950
営業時間:18:00~24:00
※年内営業は12/30(水)まで、年始は1/5から営業開始
定休日:無休
URL:http://www.nakameguro-iguchi.com


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ