女優美学 Vol.8

「女優美学」 2016年注目の女優は誰!? ベストテン発表!

今年も1年、たくさんの女優の活躍があった。そろそろ来年の足音が聞こえてきたが、果たして、2016年注目の女優とは一体誰なのか?

この疑問に答えてくれたのは、かつて毎年末に出版した「アイドル探偵団」という著書で翌年の女優やアイドルたちの期待値をランキング形式で発表、卓越した審美眼で知られる北川昌弘氏である。今回はその北川氏に2016年度に注目の女優のベストテンを解説してもらった。

年齢制限のない本ランキングと2015年時点で18歳以下になる若手を対象にしたU-18ランキングの2本を発表!

2016年 注目女優ベストテン!

1 木村文乃
2 杏
3 広瀬すず
4 石原さとみ
5 黒木華
6 高畑充希
7 松岡茉優
8 真木よう子
9 有村架純
10 大島優子

2016年 U-18 注目女優ベストテン!

1 広瀬すず
2 黒島結菜
3 橋本環奈
4 平祐奈
5 宮脇咲良
6 杉咲花
7 葵わかな
8 芳根京子
9 中条あやみ
10 武田玲奈


まずは本ランキング、2016年注目女優ベストテンから

見事1位に輝いたのは木村文乃。

「冬の『銭の戦争』に始まって、春の『マザーゲーム』、夏の『石の繭』。そして秋の『サイレーン』。どれも作品内で果たした役割がかなり重要でした。2016年の秋で28歳。

やや遅咲きなんですけれど、正統派和風美人の安定感がようやく出てきました。このあとも『精霊の守り人』といった大作ドラマも控えていて、さらなる飛躍が期待できます」

2位にランクインしたのは杏。

「1位の木村文乃に対抗できるのは『デート』と『花咲舞が黙ってない』という2本の連ドラに主演して視聴率という結果も出したこの人だけですね。彼女は男性よりも女性からの人気のほうが高い印象ですが、それが見事に数字に結びついたと思います」

3位には若手女優ではブレイク度No.1の広瀬すずがランクインした。そのピカイチの活躍ぶりを北川氏は“テレビの逆襲的存在”と評する。

「21世紀に入り、ネットやSNSの普及でテレビはずっと押され気味でした。特にAKB48がブレイクして以降、テレビ依存度の低いライブユニットアイドルが全盛期を迎えて、ソロアイドルが成立しない状況に陥ったことがテレビ弱体化の証明とも言えます。

そんななか現れたのが広瀬すず。今現在、SNS発などでブレイクするアイドルが増えてきている状況で、彼女はドラマとCMがタッグを組めば、まだここまでやれるんだぞという、一つのモデルケースになったという部分が非常に大きいですね」

【女優美学】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ