美味しすぎてもう帰れない!イヴのためのデート肉厳選5軒

ローストビーフ 温野菜添え¥4,110(税込・サービス料10%)。国産牛のサーロインを使用。105℃の低温で1時間半〜2時間、ゆっくり火を入れるのが“オークラスタイル”。ローストビーフの要となるソースは牛肉の出汁やスジ、香味野菜を4、5日かけて煮込んで作る。ワゴンで運ばれる塊肉をカットしてくれるサービスも評判

伝統の味・ローストビーフを
気軽なオールデイダイニングで
『コーヒーショップ ダイニングカフェ カメリア』

端正な見ために違わぬしなやかな風味に感動

『ホテルオークラ東京』のレストランには、多くのゲストに愛されてきた“絶対の一品”が、ある。

フランス料理の『ラ・ベル・エポック』は特選和牛フィレ肉のウェリントン風、鉄板焼の『さざんか』は、うす切りリブロースさざんか風、そして1962年の開業当時から変わらぬレシピを守り続けてきた『テラスレストラン』(改装により現在閉店)の伝統のローストビーフも『ホテルオークラ東京』を代表する美味のひとつだ。

ゲストの思いに応え、現在は『ダイニングカフェ カメリア』で提供。優美さと貫禄を備えたローストビーフは気高さを感じさせる味わいで、まさに“絶対の一品”と呼ぶにふさわしい。一度は食べてみたい味、クリスマス・イヴを選んで体験してみるのもいい。

使い勝手のよいオールデイダイニングで極上の味を堪能して

恵比寿牛(サーロイン。恵比寿牛セット¥21,000より。税サ込)。コースは¥17,000から用意。旬の食材を用いた前菜にはじまり、最高級黒毛和牛の恵比寿牛、〆に年間500俵しか出荷しない希少な神子原米など、9品前後が供される鉄板会席コース¥27,000(税サ込)も人気

音も匂いも景色もご馳走!
シズル感溢れる鉄板焼き『鉄板焼 恵比寿』

煌めく夜景と輝く恵比寿牛でドラマチックなひとときを!

“ハレの日レストラン”の代表格として、はずせないのが鉄板焼き。美しい眺望や洗練されたサービス、そして厳選の美味をそろえるホテルの鉄板焼きダイニングならばなおのことだ。

『ウェスティンホテル東京』の最上階に位置する鉄板焼『恵比寿』に訪れるゲストの楽しみは、黒毛和牛の最高峰とも言われる恵比寿牛のステーキ。熟練の職人によるパフォーマンス、特別な恵比寿牛の味わいに気分が高揚するはず。

表面はしっかり焼き上げられ、なかはうるおいの膜でおおわれたようにしっとり。味、サービス、眺望が三位一体となってふたりの心を満たしてくれる。

華麗な鉄板捌きでゲストを魅了する成宮精三郎シェフ

大窓からは昼夜で異なる美景をのぞむことができる

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo