もう食べた!? 2015年に大ブレイクしたシンガポール料理店5選

2015年、東京のグルメシーンをにぎわせたシンガポール料理。今年はチキンライスの総本山といえる『ウィーナムキー』が上陸し、いよいよ東京で市民権を得はじめた。タイ料理のように、今後も日本人に定着するか否か!? 今年、話題になったお店と、永世定番なシンガポール料理のmテインを紹介する。

蒸し鶏とチキンスープで炊いたライスを3種類のソースと合わせていただく。チキンは薄切りのきゅうりとともに皿に盛られ、ライスと別に提供するのが正式なスタイル。チキンライス(香り米・スープ付き)¥1,300

シンガポール政府も公認する国賓をもてなすチキンライスが上陸!『Wee Nam Kee Hainanese Chiken Rice』

2015年7月開店の日本本店に続き、9月に銀座EXITMELSA店もオープンした、今最も勢いのあるシンガポールレストラン。シンガポール政府が国賓をもてなすときにも、こちらのチキンライスが振る舞われるなど、政府高官やセレブリティをも魅了する味わいに東京のグルマンも虜に。

家族経営の小......


おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo